取扱い説明書

ピアジェ高級腕時計の操作方法

ピアジェでは、オンラインにて取扱い説明書をご参照頂ける機会を、お客様に提供しております。しかしながら、年代物モデルが多数存在するため、以下のリストは全てを網羅したものではありません。

お客様のお使いの時計のお取り扱い説明書が以下でご覧頂けない場合には、 ピアジェ公式ウェブサイトの『お問い合わせ』よりご連絡頂くか、又はピアジェブティック及び正規取扱店までお申し出下さい。

取扱い説明書についてはご参考のため、お客様の腕時計に必ずしも適用されるとは限りません。ピアジェは賠償責任を一切負いません。

機械式ムーブメント

お買い上げいただきましたピアジェ・ウォッチに搭載されている機械式ムーブメントは、その設計・製作の全工程がピアジェ・マニュファクチュールで行なわれています。一つ一つのパーツが、熟練した時計師の手で細心の配慮を込めて組み立てられています。ピアジェ・ムーブメントはすべて、厳しい品質検査、精度検査を通過し、比類ない精度と信頼性が保証されています。

技術仕様:
- 機械式(手巻きまたは自動巻)
- 21,600振動/時の振動数
- 40時間のパワーリザーブ

仕上げ:
- サーキュラー・コート・ド・ジュネーブ(遠心円状縞模様)仕上げ
- ペルラージュ(鱗状模様)仕上げの地板
- 面取り・ヘアライン仕上げのブリッジ
- ブルー・スクリュー

機械式ムーブメント

ゼンマイの巻き上げ方

機械式腕時計の巻上げ

手巻時計の場合:
リュウズが0の位置にあることを確認した後、抵抗が感じられるまでリュウズを時計回りに回してください。いっぱいに巻き上げたムーブメントは、約40時間作動し続けます。

自動巻き時計の場合:
時計着用中は、手首の動きによって時計のゼンマイは自動的に巻き上げられます。約40時間以上着用しなかったために時計が停止した場合は、リュウズを0の位置のままで約10回まわしてゼンマイを巻き上げてください。時計は再び動き出します。

パワーリザーブ表示:
文字盤にパワーリザーブ表示を備えているモデルもございます。これにより、手巻ムーブメントの場合は時計を巻き上げることなしに、また自動巻ムーブメントの場合は時計を装着することなしに何時間、作動するかを表示することができます。

日付表示なしモデルの場合

時刻の合わせ方:
リュウズを1の位置に引き出し、時計回りもしくは反時計回りに回します。正確な時刻合わせを行うためには、最後は時計回りに回すようにしてください。

時刻を合わせた後は、リュウズを0の位置に押し戻してください。

ピアジェ高級腕時計の時刻の合わせ方

日付表示付モデルの場合

ピアジェ高級腕時計の時刻の合わせ方

時刻の合わせ方:
リュウズを2の位置に引き出し、時計回りもしくは反時計回りに回します。正確な時刻合わせを行うためには、最後は時計回りに回すようにしてください。

日付の合わせ方:
(日付表示付モデルのみ) リュウズを1の位置に引き出し、正しい日付が表示されるまで時計回り、または反時計回りに回し続けます。

午後9時から午前3時の間には、この方法で日付合わせを行わないでください。 時刻や日付を合わせた後は、リュウズを0の位置に押し戻してください。

防水機能

ピアジェ・ウォッチは、水分またはほこりから内部の機構を保護するために防水機能を備えています。モデルにより異なりますが、一般に3気圧までの水圧に対して保証されています(日常生活防水)。

ただし一部のハイジュエリー・モデルは3気圧防水を保証しておらず、水しぶきがかかる程度の使用のみを想定しています。

ピアジェ高級腕時計の防水機能

ピアジェ・ウォッチのお手入れ方法

ピアジェ高級腕時計のお手入れ

ピアジェ・ウォッチの輝きをいつまでも保つため、ケース、ブレスレット(メタルブレスレット付モデルのみ)は、定期的に柔らかいブラシに石鹸水をつけて洗浄なさることをお薦めします。

また海水に浸けたり、海水中でご使用になった後は、必ず真水でよくゆすいだ後、柔らかい布で水気を拭き取ってください。ピアジェ・ウォッチのお手入れには、『ピアジェ・クリーニング・キット』のご使用をお薦めします。

なお、完璧な防水機能を保つため、3年に1回、ピアジェ正規販売店での防水検査をお薦めします。

クォーツ・ムーブメント

19世紀末より、ピアジェは高精度な時計ムーブメントの設計と製造を手がける専門メーカーとして名を世に知らせてきました。以来、ムーブメントの小型化と性能向上に労力を注ぎ、時計技術の進歩に多大なる貢献をしてまいりました。

またクォーツ技術がもたらす可能性を見極め、それを当社の時計技術へ迅速に取り込むことにも力を注ぎ込み、1976年には世界で最も薄いクォーツ制御ムーブメントの製作に成功しました。

ピアジェのクォーツ制御ムーブメントは、その設計・製作の全工程がピアジェ・マニュファクチュールで行われています。最高の技術をふんだんに盛り込んだ当社のクォーツ制御ムーブメントは、比類ない精度、数年にわたる電池寿命など、日常生活での使用に適した高い実用性を実現しています。

ピアジェのクオーツムーブメント

日付表示なしモデルの場合

ピアジェ腕時計の時刻の合わせ方

時刻の合わせ方:
リュウズを1の位置に引き出し、時計回りもしくは反時計回りに回します。

時刻を合わせた後は、リュウズを0の位置に押し戻してください。

日付表示付モデルの場合

日付の合わせ方:
リュウズを1の位置に引き出し、正しい日付が表示されるまでリュウズを時計回りの方向に回し続けます。

時刻の合わせ方:
リュウズを2の位置に引き出し、時計回りもしくは反時計回りに回します。

時刻や日付を合わせた後は、リュウズを0の位置に押し戻してください。

日付表示付モデル

プッシュボタン付モデル の場合

プッシュボタン付モデル

時刻の合わせ方:
- プッシュボタンを短時間(2秒未満)押すと、分針が1分だけ進みます。
- プッシュボタンをより長い時間(2~4秒)押すと、1時間だけ進みます。
- プッシュボタンを押したままにすると、押し続けている限り進み続けます。

防水機能

ピアジェ・ウォッチは、水分またはほこりから内部の機構を保護するために防水機能を備えています。モデルにより異なりますが、一般に3気圧までの水圧に対して保証されています(日常生活防水)。

ただし一部のハイジュエリー・モデルは3気圧防水を保証しておらず、水しぶきがかかる程度の使用のみを想定しています。

ピアジェ高級腕時計の防水機能

ピアジェ・ウォッチのお手入れ方法

ピアジェ・ウォッチの輝きをいつまでも保つため、ケース、ブレスレット(メタルブレスレット付モデルのみ)は、定期的に柔らかいブラシに石鹸水をつけて洗浄なさることをお薦めします。

また海水に浸けたり、海水中でご使用になった後は、必ず真水でよくゆすいだ後、柔らかい布で水気を拭き取ってください。ピアジェ・ウォッチのお手入れには、『ピアジェ・クリーニング・キット』のご使用をお薦めします。

なお、完璧な防水機能を保つため、3年に1回、ピアジェ正規販売店での防水検査をお薦めします。

ピアジェ高級腕時計のお手入れ
自動巻 クロノグラフ
ピアジェ クロノグラフムーブメント

お買い上げいただきましたピアジェ・ウォッチに搭載されている機械式ムーブメントは、熟練した時計師の手で細心の配慮を込めて組み立てられています。ピアジェ・ムーブメントはすべて厳しい品質検査、精度検査を通過し、比類のない精度と信頼性が保証されています。

技術仕様:
- 機械式(手巻きまたは自動巻)
- 21,600振動/時の振動数
- 40時間のパワーリザーブ

仕上げ:
- サーキュラー・コート・ド・ジュネーブ(同心円状縞模様)仕上げ
- ペルラージュ(鱗状模様)仕上げの地板
- 面取り・ヘアライン仕上げのブリッジ
- ブルー・スクリュー

自動巻 クロノグラフ

A. 時針
B. 分針
C. クロノグラフ秒針
D. 12時間カウンター:時間計測開始からの経過時間を12時間まで示します。
E. 30分カウンター:時間計測開始からの経過時間を30分まで示します。秒針が1回転すると分針は1分進みます。
F. 秒針
G. クロノグラフ機能をスタート/停止するための押しボタン(連続的に押すことができます)。
H. この押しボタンは、秒針(C)、30分カウンター(E)、12時間カウンター(D)の針をゼロにリセットします。このボタンはクロノグラフ機能が停止時にのみご使用ください。

自動巻クロノグラフウォッチの操作方法

時刻合わせ

クロノグラフウォッチの時刻の合わせ方

1. 従来の時計のゼンマイの巻上げ(リューズ押し込み位置)

2. 時間合わせ。 このクロノグラフは、約40時間のパワーリザーブです。

防水機能

ハイジュエリーウォッチ、歴史的モデルのいくつかを除き、ピアジェの全腕時計は日常生活防水です。

防水性を備えた腕時計は、腕時計が埃にさらされた場合や、水に浸された場合でも内部が劣化しないよう保護されています。ピアジェは、保証除外事項に該当する場合を除き、防水機能を備えた腕時計の防水性をご購入日から2年間保証いたします。

防水性を備えていないハイジュエリーウォッチや歴史的モデルも、少量の水や埃との接触で性能が劣化することはありません。

クロノグラフウォッチの防水機能

ピアジェ・ウォッチのお手入れ方法

ピアジェ クロノグラフウォッチのお手入れ

ピアジェ・ウォッチの輝きをいつまでも保つため、ケース、ブレスレット(メタルブレスレット付モデルのみ)は、定期的に柔らかいブラシに石鹸水をつけて洗浄なさることをお薦めします。

また海水に浸けたり、海水中でご使用になった後は、必ず真水でよくゆすいだ後、柔らかい布で水気を拭き取ってください。ピアジェ・ウォッチのお手入れには、『ピアジェ・クリーニング・キット』のご使用をお薦めします。

なお、完璧な防水機能を保つため、3年に1回、ピアジェ正規販売店での防水検査をお薦めします。