ピアジェとエナメル加工の芸術

スイスの高級時計ブランド、ピアジェのエナメル絵画

豊かな創造性を誇るマニュファクチュールピアジェは、社内の製造体系の中に工芸技術を組み込み、製品に数々のパーソナライゼーションの可能性をおいています。これらの素晴らしいモデルは、国際的に高い評価を得ているフリーランスのエナメル師アニタポルシェをはじめとする、優れた技量を備えた専門職人の力を借りて実現されます。卓越した製品にさまざまな技術を融合させるピアジェは、高級時計界のエスプリを守りながら、こうした伝統の工芸を今日まで受け継ぐことに貢献しています。エナメルはガラスの混合物に金属酸化物を加えることにより、数限りない色やニュアンスを生み出すことができます。ピアジェで行われている「グラン・フ」エナメルの製法では、約800°C以上の融点でエナメルを焼き上げますが、これによってエナメルにこの上ない深い色合いが創出され、さらに製品の耐久性もが保証されます。クロワゾネ・エナメル シャンルベ・エナメル、さらにはミニアチュール・エナメル、フランケとグラン・フエナメルにはさまざまな種類が存在します。エナメル細密画の出来は、熟練したエナメル職人の技量と感性のすべてにかかっています。職人は何層にも筆を重ねながらこの絵に命を与えていきます。ジュネーブエナメルによる細密画はピアジェが主に採用している技法ですが、この技法ではエナメル溶液と呼ばれる透明のエナメルを塗ることで絵を保護し、作品に奥行と独特の輝きを与えます。マニュファクチュールピアジェのデザインチームとアニタポルシェはこれまでにはない視覚効果とより豊かな創造力を引き出すために、新しい技巧の可能性を探り続けます。

おすすめ