時計製造

ピアジェ高級ウォッチの設計

研究開発のオフィスで技術者たちは、外装(ケース、文字盤)を形成する部品を、時計職人およびデザイナーと常に連携を取りながら構想していきます。マニュファクチュールのために特別に開発された最新世代のコンピュータ設備を駆使し、こうした専門家たちが、さまざまなシミュレーション(摩擦や損耗 あるいは素材の耐性など)の中で長期的な腕時計の信頼性を確かめていきます。 コンピュータ技術を駆使して行われる作業もあれば、人間の手によってなされる作業もあります。 ピアジェの時計のケースは、見事なムーブメントを納めるのにふさわしい作りとなっています。その製造工程は、装飾から仕上げまで60工程に及び、ごく細部に至るまで入念な注意が払われます。 設計から仕上げにいたるまで、ピアジェの高級時計は社内で一貫して作り上げられます。ピアジェは、代々受け継がれてきた方針と自社に伝わる秘訣を守りながら、設備の充実を図っています。

おすすめ