ピアジェの極薄ムーブメント

ピアジェの超薄ウォッチムーブメント

ピアジェは、極薄ムーブメントの開発において常に先駆者的な存在であり続けています。かの有名なふたつのムーブメント-手動巻きムーブメントキャリバー9P(1957年発表)と自動巻きムーブメントキャリバー12P(1960年)-は、発表当時、それぞれのカテゴリーで最も薄いムーブメントでした。また近年ピアジェは、厚さを2.1mmまで抑えたキャリバー430P、450Pそして438Pを開発しています。極めて難度の高い極薄ムーブメントの制作において、構成部品に高い耐久性を与え、微調整を可能とするのは、類希な優れた技術だけです。豊かな創造性に技術を融合させることのできる唯一のマニュファクチュール・ピアジェは、自社開発の極薄ムーブメントの価値に匹敵する、ピュアなラインが美しいメンズ用腕時計や貴石に輝くジュエリーウォッチの創出にいち早くから取り組んできました。こうしてピアジェは、特に大切にしているAltiplanoシリーズを通して、この上ない名声とブランドの強いアイデンティティを確立していったのです。

おすすめ