5C

ダイヤモンドのカット

ピアジェは、GIA(米国宝石学会)が設ける4つの基準‐4C‐を満たすダイヤモンドを選び、品質、デザイン、そして仕上げにおいて最高級の製品を作ることを目指しています。

‐カラー:D~Fカラーで、最も無色に近い極めて稀少なダイヤモンド。
‐クラリティ:IF(石の内部無欠点)~VVS(ごくごく僅かな内包物)グレード、最も透明度の高いダイヤモンド。
‐カット:優れたカットの技術により、輝きを反射させるダイヤモンド。
‐カラット(重量):0.20カラットから3.0カラット以上の重さの鑑定を受けた、さまざまなダイヤモンド。

この4つの基準に加え、ピアジェはダイヤモンド原石の選別に倫理的な概念を加えています。

カラー:ダイヤモンドの完璧たる輝き

最も高級なダイヤモンドは、最も無色に近いダイヤモンドです。ダイヤモンドの色は、D(無色)からZ(黄色)カラーまでのグレードで評価されます。
ピアジェは中央のダイヤモンドにはDからF、パヴェセッティングにはGカラーの極めて、稀なダイヤモンドを使用しています。

クラリティ:この上ない透明度を求めて

最も美しいダイヤモンドとは透明度の高いものであり、クラウド(微細な白色の含有物)や結晶などの内包物でダイヤモンドの清澄さをおかしていないものです。
ダイヤモンドのクラリティは、正規の方法に従って、ピアジェの宝石鑑定士がダイヤモンドを10倍に拡大して観察します。

ピアジェは、IF(石の内部無欠点)に位置付けられる、10倍に顕微鏡で拡大しても欠点が見られないダイヤモンド、および裸眼では内包物が見受けられないVVS(ごくごく僅かな内包物)のダイヤモンドと、高いグレードのダイヤモンドのみを使用しています。

ピアジェダイヤモンドの純度のグレード

F.L – I.F : フローレス、またはインターナリーフローレス(石の内外部無欠点、または石の内部無欠点)‐10倍に拡大しても欠点が見られない
V.V.S.1 – V.V.S.2 : ベリーベリースモールインクルージョン‐ごくごく僅かな内包物
V.S.1 – V.S.2 : ベリースモールインクルージョン‐ごく僅かな内包物
S.I.1 – S.I.2 : スモールインクルージョン僅かな内包物
I.1 – I.2 – I.3 : インパーフェクト‐不完全

カット:光を最大限に反射

カットは人間の手によって影響を受ける唯一の基準です。ここでは人間の手が最も重要な役割を果たします。完璧にカットされた石は、ファセットからファセットへと光を反射させ、ダイヤモンドにこの上ない上質の輝きを与えます。
ピアジェでは、豊かな専門知識を備えたメゾンの宝石鑑定士が、優れたカットにより宝石の美しさがが最大限に引き出されたダイヤモンドを選びます。

ピアジェによる理想的なプロポーション

ダイヤモンドの理想的なプロポーション

カラットとは重量のこと/ダイヤモンドの夢を計る

1カラットは0.20g。それは一粒のイナゴマメ(金の取引の際に重さの単位として使われていたアフリカに生育する木の実)の重さから来ています。
カラット数が上がるほど、石の価値は高まりますが、当然それはその他3つの要素が最高の基準に達した時に限ります。

ピアジェのコレクションは、さまざまなカラット数の石をそろえています。

ピアジェダイヤモンドの重量

紛争ダイヤモンドの根絶とRESPONSIBLE JEWELLERY COUNCIL (RJC:責任ある宝飾のための協議会)への加盟:企業倫理

ピアジェ ハイジュエリーのダイヤモンド

ピアジェはKimberley Process Certification Scheme (キンバリープロセス認証制度:KPCS)に加盟しています。国際的に認められているこの認証制度は、ダイヤモンドの売買が紛争や犯罪組織の資金源となることがないよう、ダイヤモンドのあらゆる取引を把握し、保証するものです。

RJCへの加盟は、ダイヤモンドはすべて厳格な基準を満たすものでなければならないというピアジェの妥協のない姿勢を示しています。。ピアジェへのRJC認証は、監査後、2011年9月に交付されました。2012年には、ピアジェはRJCとともにゴールド、プラチナを含む貴金属の調達に関する保証制度の開発に協力しています。

詳しくは下記をご覧ください:
ピアジェの倫理と環境に対する理念
www.kimberleyprocess.com - www.responsiblejewellery.com