1957年 極薄革命

12Pピアジェ自社製極薄自動巻ムーブメント

パイオニア精神を大切にするピアジェは、極薄ムーブメントの設計・製造に乗り出しました。後に極薄ムーブメントはピアジェの代名詞の一つになり、時計製造の世界に確かな足跡を残すことになります。1957年、ピアジェは厚さわずか2mmのかの有名な手巻き極薄キャリバー 9Pを発表しました。 さらに1960年には、キャリバー 12Pを発表、厚さ2.3mmの世界最薄自動巻きムーブメントを開発。

 
 
12Pピアジェ自社製極薄自動巻ムーブメント

このような限りない小型化は、単に並外れた技術的な偉業であるだけではありません。これら2種類の機械式ムーブメントおよびその後継となるムーブメントは、非常に薄く小さいため、ピアジェのデザイナーたちが大胆なクリエイティビティを発揮することを可能にし、彼らに全く新しい道を開いたのです。こうして極薄シルエット、大きな文字盤、コインウォッチ、角型ケースなどが誕生しました。ピアジェはあらゆる好機を見事に利用し、現代の時計製造の歴史に名を残す数々の作品を開発しています。

ピアジェ自社製極薄ムーブメントのポスター
ピアジェのレクタンギュラー型高級腕時計
後にEmperadorとなる、1957年発表のピアジェ高級メンズウォッチ

おすすめ