1990年 豊かになるコレクション

ラ・コート・オ・フェにあるピアジェの工場では、時代のニーズに応え、新しいキャリバー 430Pと500Pを開発しました。この二つのキャリバーは、極薄キャリバーの分野においてピアジェの名を歴史に刻んだキャリバー 9Pと12Pの後継モデルです。機械式ムーブメントのラインナップが強化されたことに支えられ、ピアジェは1998年に、1957年作のモデルにインスピレーションを得た、シンプルなデザインにクラシックな趣とエレガンスが息づく極薄時計、「ピアジェ アルティプラノ」コレクションを発表するとともに、1999年には、最も精巧な機械式ムーブメントを搭載した、「ピアジェエンペラドール」のラインが加わりました。

ピアジェが修復したヴェネツィアの時計塔
Piaget Emperadorのパワーリザーブ付き腕時計
アラン・ドロンが身に着けるピアジェ高級腕時計
イエローゴールド製ピアジェスケルトンウォッチ
 

これらのモデルは、ピアジェの歴史に残る傑作ウォッチにインスパイアされ、それを力強く現代的に表現したものです。さらにピアジェは、伝統を大切にする精神とムーブメント製造における専門性が高く評価され、ヴェネツィア市から、時計の歴史のまさに生き証人である時計塔の修復のパートナーに選ばれました。

イエローゴールド製ピアジェウォッチ
スクエア型ピアジェウォッチ
ピアジェのムーンフェイズ機能付き腕時計

おすすめ