2001年 永遠に受け継がれるビジョン

2001年 永遠に受け継がれるビジョン

ピアジェはその目覚しい発展に伴い、2001年にジュネーブ郊外のプラン・レ・ワットに新しい工場を設立しました。この設立は、60年代に既にブランドが描いていたビジョンである統合戦略を確立するものです。時計製造とジュエリー製作に関連する職種を一つ屋根の下に集めた、この画期的な工場は、歴史的な拠点であるラ・コート・オ・フェのムーブメント製作活動を補い、同時にピアジェは、これまでにも増して研究・開発に意欲的に取り組む場となりました。

 
高級時計製造のピアジェ マニュファクチュール
高級時計とジュエリー製造のピアジェ マニュファクチュール
ラ・コート・オ・フェにある高級腕時計のアトリエ

その結果、わずか10年ほどの間に、トゥールビヨンや第二時間帯表示つきフライバック機能クロノグラフ、永久カレンダーをはじめ、様々な格調高いコンプリケーションムーブメントを含む約30の新しいムーブメントを発表しています。ジュエリーウォッチには、ダイヤモンドの自然なきらめきにさらなる輝きをもたらす画期的なコンセプトが採用されています。

定評あるピアジェのクリエイティビティの系譜に連なり、「常に必要以上に良いものをつくる」という創業者のモットーを反映した傑作の数々がそろっています。

イエローゴールド製Piaget Miss Protocoleジュエリーウォッチ
Piaget Miss Protocoleフェザー ジュエリーウォッチ
ホワイトゴールドとフェザーによるPiaget Miss Protocoleジュエリーウォッチ

おすすめ