極薄ムーブメント

以前からピアジェは薄さへの挑戦をしてきました。その技術の発端として、1957年に厚さ2mmの手巻極薄ムーブメント9Pが誕生し、続いて1960年には厚さわずか2.3mmの世界で最も薄い自動巻ムーブメント12Pが登場しました。そして現在までに、25以上の極薄ムーブメントが開発されています。その中でも、キャリバー1208Pは市場最薄の自動巻ムーブメント(2.35mm)と世界最薄のウォッチ(5.25mm)のダブルレコードを樹立しています。