自動巻き機械式ムーブメント

自動巻ムーブメントにおける驚くべき革新力とその類稀なる実現化により、ピアジェは独自性を高め、時計製造技術の頂点を極めました。1950年代以降、伝説的な自動巻ムーブメント12Pは、500P、800P、1200Pと続く高性能で極薄のキャリバーの系譜にインスピレーションを与えてきました。それらはピアジェのオート・オルロジュリーのマニュファクチュールによって、何十年にもわたって脈々と守られ、受け継がれてきた自動巻ウォッチの世界における熟練の技と豊かさの遺産です。