お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

ピアジェ、社会に役立つブランドとして

卓越性を追求する一方で、厳格な倫理規定と環境要求事項を順守する必要があります。ピアジェはこのコミュニティに参加し、献身的なメンバーとして活動を推進しています。

 

ピアジェ、ジュネーブ大学病院、アルテール財団が、アルティプラノ高原のために協力

ピアジェは2011年のジュネーブ大学病院(HUG)とのパートナーシップ締結以来、遠隔医療推進プロジェクト「Raft Altiplano」を支援しています。このプロジェクトの目的はボリビア、アルティプラノ高原の僻地にも高度な医療を提供し、そこに住む人々の命を救うことに他なりません。プロジェクトでは遠隔地にも高度な医療とトレーニングを提供することで医療格差の解消を図ります。

20もの遠隔地施設に医療用資材やコンピューター、高速インターネットを配備。

現地で実施された音波検査や心電図、その他の画像などのデータはラパスに送られ、スペシャリストによる分析が行われます。その後、患者には診断に基づく適切な治療が施されます。このプロジェクトは、ジュネーブの専門家にも診断を依頼することが可能となっています。また、テレトレーニングでは遠隔地のドクターにもトレーニングを継続的に実施することができます。

さらに、プロジェクトの一環として、実際に現地に赴いて、プロジェクトの成功に貢献する社員ボランティアを募集しています。

ボランティア

このプロジェクトの一環として、ピアジェでは実際に現地に赴いて、プロジェクトの成功に貢献する社員ボランティアを募集しています。

 

ピアジェ ジャパン:バードライフ・インターナショナルに寄付

数年前より、ピアジェ ジャパンは、国際NGO「バードライフ・インターナショナル」のガラパーティーに参加しています。

Bird Life international(バードライフ・インターナショナル) ロゴ

バードライフ・インターナショナル(英国で創設された団体で、日本では高円宮妃久子様が名誉会長を務められています)は、120か国で環境保護のための活動を展開しています。日本で開催された同団体のガラパーティーの収益金は、熱帯雨林保護のために使われます。

 

「Il Fondo di Gio(イル・フォンド・ディ・ジオ)」のためのクリスマス活動

Il Fondo di Gio ロゴ

ピアジェ イタリアは、毎年お客様や供給業者、報道関係者、その他パートナーの皆様に贈っているクリスマスプレゼントの代わりに、象徴的な贈り物として「Il Fondo di Gio(イル・フォンド・ディ・ジオ)」団体のカラフルなティーカップを贈ります。このティーカップの代金は、子供の脳腫瘍の研究を支援している同団体に充てられます。

 

アクション・イノセンス・ジュネーブ

ピアジェでは、 Action Innocence Geneva(アクション・イノセンス・ジュネーブ)の創立以来、同協会の活動を支援しています。

ピアジェCEO、フィリップ・レオポルド=メッツガー はアクション・イノセンスを支援しています
アクション・イノセンス ロゴ

ピアジェは10年来、アクション・イノセンスの信条をサポートしています。そのプロジェクトの実現に向けてのサポートは、まさにピアジェのC.E.O、フィリップ・レオポルド=メッツガーの誇りによるものなのです。アクション・イノセンスは1999年の創立以来、インターネットにおける子供の尊厳と人格保護に貢献しています。協会はインターネット上での児童ポルノファイルの不正取引に対して積極的に対策を取り、児童ポルノの要素を含むファイルの取次業者の検出を可能にする革新的で有効な解決策を警察業務のために開発しています。創設者であり会長のヴァレリ・ウェルトハイマーとその協力者たちによってスイスで考案された対策は、ブリュッセル、モナコ、フランスへと広まりました。協会は、多数の著名人によるイベントや特別公演で協会の認知度を高め、資金を集めています。


 

バトー・ジュネーブ協会

ジュネーブのボートが困難に直面する人たちに援助の手を差し伸べます

「バトー・ジュネーブ(ジュネーブの船)」とは、オーヴィヴの商用埠頭に係留されている船のことで、「街のなかに浮かぶ島」のように見られることが多いことから、この船は困難な状況にある人々を受け入れています。バトー・ジュネーブ協会が管理しているこの船は、月曜日から金曜日まで毎朝およそ200食の朝食を提供しています。1月からは、ピアジェが提供した10台のパソコンを使って毎週パソコン教室が開かれており、毎回定員に到達しているということです。

 

ビジネスパートナー

ジャッキー・ピアジェがプレシャス ストーンを吟味
ピアジェの高級ウォッチと高級ジュエリーの製造者

ビジネスパートナーの高い満足度はピアジェとリシュモン・グループが注力するCSR政策のきわめて重要な部分です。すなわち、ピアジェでは自社のみならずビジネスパートナーに対しても、良好な労働環境の整備を求めます。

Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)