360box-openbubblechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upCircumferenceclosecredit-cardsellipsisfacebookfiltersgeolocationgoheartHeightinstagramjewelryLinkedinmagnifying-glassmailmenuminuspdfphonepluspointer-downpointer-upreturnshareshopping-bagSpeakerstorestwitteruserwatchesWechatweiboWidthYoukuyoutube
お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

メゾン ピアジェ

メゾン ピアジェ

ピアジェのダイヤモンド

最も高貴なダイアモンドの煌めく美しさ

稀少で純粋、そして永遠性を秘めたダイヤモンドは、究極の愛のシンボル。ヨーロッパでダイヤモンドにまつわるロマンチックな慣習が生まれたのは15世紀。1477年、オーストリア大公マクシミリアン1世が、マリー・ド・ブルゴーニュに愛の形としてダイヤモンドリングを初めて贈りました。彼女は、このリングを左手の4本目の指に着けました。それはエジプトの信仰によれば、「愛の静脈」が心臓から左手の薬指に流れていると考えられていたからです。数世紀を経た今も、ダイヤモンドは愛のシンボルであり続けています。

ダイヤモンド エンゲージメント リングとウェディング リング

4C - ダイヤモンドの4つの品質基準

カラット、カラー、クラリティー、カット

カラット

「ダイヤモンドの夢を計る」

ピアジェのコレクションは、さまざまなカラット数のダイヤモンドを取り揃えています。1カラットの0.2gは、1 粒のイナゴマメの種の重さに相当します。アフリカを原産地とするイナゴマメは、金取引の計量単位として用いられていました。ピアジェは、ダイヤモンドの重量を示すカラットに加え、カラー、カット、クラリティーの 4つの基準を満たすよう、細心の注意を払っています。

ダイヤモンドのカラットチャート

カラー

「完璧な輝き」

ダイヤモンドのカラーは、D(無色)からZ(黄色)までの基準で評価されます。ピアジェでは、極めて希少性の高いダイヤモンドのみを厳選し、センターストーンにはDからFを使用しています。

 ダイヤモンドのカラーチャート

クラリティー

「この上ない透明度を求めて」

最も美しいダイヤモンドとは、ダイヤモンドの清澄さを損ねるクラウド(微細な白色の含有物)や結晶が一切含まれず、完璧な透明性をもっています。ピアジェでは、ダイヤモンドを約10倍に拡大して見ることができる最新の技術を駆使して、宝石鑑定士によりクラリティーの鑑定がなされます。宝石鑑定士によって、 IF(内部に欠点なし)からVVS(ごくごく僅かな内包物)までの優れたグレードのダイヤモンドのみがセレクトされます。

ダイヤモンドのクラリティチャート

カット

「光を最大限に反射」

完璧にカットされたダイヤモンドは、ファセットからファセットへと光を反射させ、無類の上質な輝きを放ちます。豊かなノウハウを備えたピアジェの宝石鑑定士が、ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出すハイクオリティなカットのダイヤモンドを選び出します。

ダイヤモンドのカットチャート

ピアジェは

"Kimberley Process Certification Scheme (キンバリープロセス認証制度:KPCS)に加盟しています。国際的に認められているこの認証制度は、ダイヤモンドの売買が紛争や犯罪組織の資金源となることがないよう、ダイヤモンドのあらゆる取引を把握し、保証するものです。ピアジェは、Responsible Jewellery Council(責任ある宝飾のための協議会:RJC)への加盟は、ダイヤモンドはすべて厳格な基準を満たすものでなければならないというピアジェの妥協のない姿勢を示しています。ピアジェへのRJC認証は、監査後、2011年9月に交付されました。2012年には、ピアジェはRJCとともにゴールド、プラチナを含む貴金属の調達に関する保証制度の開発に協力しています。

詳しくはこちら:
ピアジェの倫理と環境に対する理念
www.kimberleyprocess.com
www.responsiblejewellery.com

 ピアジェのダイヤモンド エンゲージメント リング
Facebook Twitter Google Plus Pinterest

(default title)