アブダビにブティックオープン

Avenue at Etihad Towers(アベニュー・アット・エティハド・タワーズ)へのオフィシャルブティック出店に「Limelight Garden Party」コレクションが華を添える

 
テープカット

高級時計ブランド、ピアジェはこのたび、アブダビ屈指の高級ショッピングモール「Avenue at Etihad Towers(アベニュー・アット・エティハド・タワーズ)」に美しい最新ブティックをオープンしました。さらに2012年11月27日には、アブダビ王族の一員であり、同首長国の高等教育・科学研究大臣を務めるシェイク・ナヒヤン・ビン・ムバラク・アル・ナヒヤン殿下のご支援によりブティックの完成記念イベントが開催されました。イベントには、ピアジェCEOフィリップ・レオポルド=メッツガーと共にピアジェ初の中東地域アンバサダーとして活動する人気のアラブ人シンガー、ヤーラが主賓として出席し、イベントに花を添えました。

ピアジェCEO フィリップ・レオポルド=メッツガーとアンバサダーのヤーラ

ピアジェCEOフィリップ・レオポルド=メッツガーは次のように語り、中東市場への事業展開における新しいブティックの重要性を強調しました。「中東地域にピアジェ初のオフィシャルブティックをオープンしたことは、私たちにとって大きな挑戦です。お客様に私たちのブランドをより身近に感じていただけるだけでなく、現地のお客様のご要望について極めて重要なフィードバックを得られるものと期待しています。ピアジェにとって中東はかつてないほど戦略的に重要な地域となっています。国内市場の成長力はもちろん、継続的な観光集客力も今後ますます拡大していくでしょう」

ピアジェでは人気シンガーのヤーラを中東地域初のブランドアンバサダーに任命し、人々にブランドの存在をアピールしながら、同地域での事業展開を図っています。ピアジェのブランド・ディレクター、ジャン=マルク・シャマスは両者のパートナーシップについて、「ヤーラの気品、美しさ、才能はピアジェと見事に調和します。私たちは中東のお客様からの人気が高く、私たちと同じ価値観を共有しているアンバサダーを求めていました。私たちのパートナーシップは非常に実りあるものであり、ピアジェとヤーラ、両者をより一層輝かせるものになるでしょう」

ブティックのオープニングイベントは今年の国際高級時計サロン(SIHH)でデビューを果たしたピアジェの素晴らしい新作コレクション「Limelight Garden Party」をテーマに掲げました。このエレガントでチャーミングなコレクションは今度3ヶ月間、ブティックに展示され、訪れるお客様の目を楽しませることでしょう。

 

オーソドックスな夏のガーデンパーティーからインスピレーションを得て製作されたこの陽気なコレクションは、ダイヤモンドをセッティングした鳥や眩い輝きを放つ花々がエメラルドやダイヤモンドに満ち溢れ、カルセドニーやピンクトルマリンが光輝く庭園と人々を誘います。

その独特の美しさや優雅さでブティックを彩る傑作の数々は華やかなブティックでも目を見張る存在感を放ち、時計やジュエリーの愛好家の皆様を魅了することでしょう。

ピアジェのアンバサダーを務めるヤーラ
 
ピアジェのジュエリーコレクション「Limelight Garden Party」を身につけたモデルたち

「Limelight Garden Party」というテーマを反映する完璧な空間を作り出すため、降車地点からブティックへと続く美しい園路をハイジュエリーコレクションを身に付けて鳥かごを彷彿とさせる大型の構造物に入った5人のモデルたちが彩りました。

さらに、まるで絵から出てきたような公園のベンチや植物による装飾が施され、美しく楽しいガーデンパーティーを見事に再現しました。また、ブティックではハープ演奏者がライブ演奏を行い、その甘い調べがまるで魔法のようにゲストの皆様を魅了しました。

 


ピアジェのブティックはブランドの持つ優雅さや洗練性を常に反映していますが、このブティックも先にオープンしたロンドンのハロッズ店やスイスのチューリヒ店に次いで、ピアジェの最新建築コンセプトを踏襲する世界で3店目のブティックです。

156m2におよぶピアジェの新たな建築物はピアジェだけでなく多くの一流ブランドを顧客に持ち、建築コンセプトの策定から施工までを行うパリの有名な「アトリエ・サーシャ」に在籍するクリスティーヌ・ケイロスが手がけたものです。視覚よりも感覚に訴える控えめなエレガンスを形象化する新しい建築様式は、スイスというアイデンティティと1874年以降高級時計の世界で独自の存在感を放っているブランドの伝説にオマージュを捧げています。

アブダビのピアジェブティック

クリスティーヌ・ケイロスによる新しいコンセプトは、ピアジェの世界を巡る刺激的な旅へとお客様を招待します。光沢とマットという対照的な素材でピアジェの複雑な様相を表現し、素晴らしい作品たちを照らし出す劇場用照明でアクセントを加えています。新しい建築コンセプトはブラックとゴールドを基調にウィーン分離派のニュアンスをわずかに加え、作品の貴さやその製作に惜しみなく注がれる職人たちの精巧な技工を強調しています。

Avenue at Etihad Towers(アベニュー・アット・エティハド・タワーズ)をはじめ、先ごろピアジェがブティックを開設している場所は荘厳と豪華さが見事に融合する場所です。Avenue at Etihad Towers(アベニュー・アット・エティハド・タワーズ)は2フロアにわたって世界的な一流ブランドを擁し、高級品ならではの独創的な作品を愛する人々に人気のショッピングスポットとなっています。洗練と気品を極めたピアジェの新しいブティックは、オート・オルロジュリーとオート・ジュワイアリーというピアジェが習得した2つの特殊技工の本質と融合を見事に強調しています。

在アブダビのスイス大使ジャン=マルク・シャマス とヤーラ、アブドル・ハムイド・セディッキ氏
ピアジェCEOフィリップ・レオポルド=メッツガーとモデルたち
ピアジェのアンバサダーを務めるヤーラ
フィリップ・レオポルド=メッツガー、ジャン=マルク・シャマス、シェイク・ナヒヤン・ビン・ムバラク・アル・ナヒヤン殿下
アブダビのAvenue at Etihad Towers(アベニュー・アット・エティハド・タワーズ)にピアジェのブティックがオープン
12.11.27 インスティテューショナル イベント