Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

「クーペ・ドゥ・ラミティエ」2012

Piaget Poloの伝説

1970年代終盤、当時のスタイルが変遷しユニセックスなモデルがその独自の地位を確立し始めてました。

1979年、ピアジェは時計業界の慣習を破り、カジュアルな新しいエレガンスを時計作りに取り込み、Piaget Poloウォッチが誕生しました。貴金属製でダイヤモンドがセットされ、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを交互に配したケースとダイヤルの見事な融合が特徴的なモデルです。

気品、洗練、そして、技巧と精密さを兼ね備えた、このモデルは同等の価値を持つスポーツ、ポロ競技からインスピレーションを得ています。

4代目会長、イヴ・ピアジェにより歴史的なパートナーシップを結び、ピアジェはポロ競技の世界に痕跡を残し始めました。

1983年のパームビーチでのポロ・ワールドカップで、Piaget Poloウォッチは、007シーリーズの初代ボンドガールでもあるスイス人女優、ウルスラ・アンドレスの手首に付けられデビューを果たしました。こうして彼女はPiaget Poloの華やかさと気品を象徴する、数多くのスターやセレブリティたちの先駆者となったのです。

Piaget Poloコレクションは、常に時代の変化を受け入れつつも長年に渡り独自性を保ちながら、時代を超えて人々に愛され続けています。2001年にデザインをリニューアルし、適度に豊かなボリュームと、審美的な曲線が施され、また、2009年にはコレクション誕生から30周年を記念し、クロノグラフを搭載した新たなチタン製モデル、Piaget Polo FortyFiveが仲間入りしました。

Piaget Polo FortyFive クロノグラフ ウォッチ

ピアジェ とポロ、分かち合う情熱

イヴ・ピアジェにより、スイスの高級宝飾時計ブランド、ピアジェは、大胆でハイクオリティで、そして計算しつくされたポロ競技の価値が、ピアジェ ポロ ウォッチと同じ特質を備えていると確信し、1980年代初頭からポロ競技を支援しています。パームビーチでのポロ競技のプロモーション、ワールドカップへの支援、そしてピアジェの名がつけられた名高いUSPAゴールドカップでのスポンサーをしています。

このエリートスポーツにおいて、世界でも有数のチームが競う真のポロの聖地であるパレルモ(ブエノス・アイレス)での大会にも数年に渡り参加しています。アルゼンチンのスポーツと不動産業を担うピラーラ社とピアジェが提携し、栄誉あるトリプルクラウンの出場権を手にしたチームを支援しています。

2011年からゴールドカップでの勝者のスポンサーを務めるピアジェにとって、イギリスで開催される名高いクイーンズカップとゴールドカップは重要なイベントとなっています。2010年からピアジェの名がつけられたPiaget Polo FortyFive北京国際ポロ・オープンも同様で、中国でもポロ競技の推進活動を行っています。

ピアジェの歴史とスイスのポロ競技における新たなスタート

本日、スイスを代表する高級宝飾時計ブランド、ピアジェは、ポロ支援の一環として、ジル・ラハイエがキャプテンを務めるスイスチームを所有することを発表いたします。


ジル・ラハイエは、金融界でキャリアを重ねながら、長い間乗馬にも情熱を注いできました。そして、そのことがきっかけで、10数年前、ポロの世界に足を踏み入れることとなり、アルゼンチンだけでなく、スイスの複数のビッグクラブでプレイしてきました。

2010年、ヴェイタイで行われた「ローゴールマッチ」で自身のチーム「ユリーカポロチーム」を率いて優勝した彼は、2008年より毎年「ヘリテージカップ」スイスチームのキャプテンを務めています。

ロンドン近郊のサンドハーストにある名高い陸軍士官学校で開催される同大会で、スイスチームは2009年に優勝し、2010年にはポロパーク・チューリッヒの代表マークス・グラフとの共同支援のもと、3位に輝きました。

ピアジェ スイスポロチームでキャプテンを務めるジル・ラハイエ

6月にポロパーク・チューリッヒで行われた「ミディアムゴールマッチ」ですでに名声を博していたジル・ラハイエのチームと今回連携できることを、ピアジェは大変光栄に思います。 9月23日にヴェイタイ・ポロクラブで行われた「クーペ・ドゥ・ラミティエ2012」では、2日間のトーナメントでヴェイタイチームとオーブラザーズチーム、そしてピアジェチームが競い合い、ピアジェチームは優勝を収めました。 ピアジェチームは、このトーナメントのメンバーに、ジル・ラハイエ(キャプテン、ハンディ -1)、マルタン・ルシャンビューレ(ハンディ2)、カルロス・シュプリュングリ(ハンディ0)、 オードリー・コーリー(ハンディ -2)を選出して臨みました。

12.09.23 スポーツ
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)