お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

ピアジェの新しいブランドアンバサダー

ピアジェは、ジェシカ・チャステインをピアジェ・インターナショナルアンバサダーに迎えます。

ジェシカ・チャステインがピアジェの国際ブランドアンバサダーに
ジェシカ・チャステインがピアジェの国際ブランドアンバサダーに

スイスの高級ウォッチ・ジュエリーブランド ピアジェは、ハリウッドで活躍するアメリカ人女優、ジェシカ・チャステインをピアジェ・インターナショナルアンバサダーに迎えます。

「ジェシカ・チャステインをピアジェの新しいブランドアンバサダーに迎えることを嬉しく思います」。ピアジェCEOフィリップ・レオポルド=メッツガーは言います。「彼女はその大胆な女優人生から完璧さへのたゆまぬ情熱まで、ピアジェの独創的な価値を体現する女性であり、美しく、エレガントで、カリスマ性があり、人生を大いに楽しんでいます」
一方、チャステインは次のように話しました。「ピアジェとパートナーシップを結ぶことになり、大変光栄です。ピアジェは、モダンでありながらその豊かな遺産を忠実に守ったクリエイションにおいて、革新と大胆さを大切にしているブランドです。そのディテールへのこだわりは比類ないものであり、ピアジェの美しいコレクションはメゾンのモットー『常に必要以上に良いものをつくる』を映し出しています」

新しいブランドアンバサダーが身に着けるピアジェの高級ジュエリー
ジェシカ・チャステインが身に着けるピアジェの高級イヤリングとリング

ジェシカ・チャステインについて
ジェシカ・チャステインは、その世代で最も優れた映画女優の一人としての地位を確立し、数々の映画賞のノミネーションや賞賛を得ています。2012年には、『Time』誌の「世界で最も影響のある100人」の一人にも選ばれました。

ニューヨークのジュリアード学院で学んだ後、2008年、ダン・アイルランド監督の『Jelone』で映画デビューを果たします。その後、テレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』や、テイト・テイラー監督の『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』などで主要な役どころを演じて賞賛を浴び、自身初のアカデミー賞ノミネートに輝きました。また、ジョン・マッデン監督の『ペイド・バック』、ドラマ『テイク・シェルター』、キャスリン・ビグロー監督の『ゼロ・ダーク・サーティ』に出演。『ゼロ・ダーク・サーティ』ではゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞し、二度目のアカデミー賞ノミネートを経験しました。

最近では、J・C・チャンダー監督の『A Most Violent Year』で演じた役柄が称賛を呼び、この演技で彼女はゴールデングローブ賞にノミネートされ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で助演女優賞に輝きました。また、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』も世間の大きな注目を浴びました。こうした作品に加え、ネッド・ベンソン監督の『The Disappearance of Eleanor Rigby』やリヴ・ウルマン監督の『Miss Julie』にも出演した彼女は、放送映画批評家協会賞初のMVP賞に選出されました。今後は、いずれも2015年秋公開予定のギレルモ・デル・トロ監督最新作『Crimson Peak』と、リドリー・スコット監督の『The Martian』に出演する予定です。

今後、ジェシカ・チャステインはピアジェ・インターナショナルアンバサダーとして、ピアジェのジュエリーとウォッチコレクションの作品をまとい、世界中のイベントに登場します。ピアジェ・インターナショナルアンバサダーを迎えることで、ピアジェは、ジュエリー、そしてハイジュエリーへのコミットメントを表します。

ジェシカ・チャステインが身に着けるピアジェの高級ジュエリー

ジェシカ・チャステインが身に着けるジュエリー

15.01.20 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)