Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

ハオ・レイ - 2012年カンヌ

今年も華麗に開幕したカンヌ国際映画祭。スイスを代表する高級宝飾時計ブランド、ピアジェ はその素晴らしいウォッチ&ジュエリーで会場により一層の輝きをもたらしました。

夏の始まりを感じさせるこの季節、世界中の優れた映画作品が心地よい音楽をバックに次々と上映されるなか、長年に渡り映画界と関係の深いピアジェは、軽快なテンポに乗せて、愛と美しさの名のもとに新たな旋律を創りだしました。今年のカンヌ映画祭で、中国の人気女優ハオ・レイは、まばゆいばかりのピアジェのウォッチ&ジュエリーに身を包み登場。そして、彼女の撮影は、エレガントなスピリットを巧みに捉えてきた、著名フォトグラファーのクリフ・チェンが手がけました。

深いVネックのアプリコットカラーのロングガウンを纏ったハオ・レイは、自立した大人の女性のエレガンスを華やかに表現。ダイヤモンドがうっとりするような輝きを放つLimelight Garden Partyコレクションのイヤリングがフェイスラインで静かに揺れる一方、同コレクションのネックレスリングのシンプルで優雅な輪郭が、煌くダイヤモンドとの官能的なハーモニーを演出。女性らしいボディラインを一層引き立てています。

「私はピアジェが大好きだし、ピアジェ独特のエレガンスにとても魅力を感じています。今回の初めてのコラボでもっと好きになりました。 Piagetのジュエリーは、ごく自然に私の身体の一部となり、私の心を幸せで満たしてくれました。それに、『常に必要以上に良いものをつくる』というピアジェのモットーは、映画を追求する私の熱意やこだわりとまさに共鳴しています。」

Limelight Garden Partyコレクションを満喫したハオ・レイは、ピアジェへの想いを強くしたのでした

ピアジェと映画界との関係は今に始まったものではありません。アメリカのインディペンデント・スピリットアワードから香港映画祭金像賞、そしてカンヌ国際映画祭まで、スイスを代表する高級宝飾時計ブランド ピアジェは、長きに渡って映画産業の発展に貢献してきました。そして今年5月、青波が打ち寄せ、陽光差し込む美しいカンヌのビーチで、全世界が楽しめる永遠に終わらない夢の世界の創造と芸術の絢爛を際だてるために、傑出した映画に共鳴し、ウォッチ&ジュエリーを提供しました。

2012年カンヌ国際映画祭でピアジェのジュエリーを身につけた中国人女優ハオ・レイ
Limelight Garden Partyのホワイトゴールド ネックレスとブレスレットを纏ったハオ・レイ
ピアジェのジュエリーを身につけたハオ・レイが2012年カンヌ国際映画祭で人々を魅了
12.05.18 セレブリティ
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)