Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

パリ、ラペ通りにピアジェのブティックがオープン

ピアジェ ブティック - 高級ジュエリーを販売

斬新でコンテンポラリーな出会いを提供する、ラペ通り7番地のブティック。そこは、訪れる人にそれぞれの体験をもたらす、エレガンスと共生の場所です。1874年以降、メゾンはひとつの情熱を培ってきました。ピアジェの精神を共有するその情熱は、 オート・オルロジュリーハイジュエリーをメゾンの中で完全に統合し、両者が共存することで培われてきました。

「夢を現実にし、時代に完璧に一致したクリエイションを提供する。これはピアジェのDNAに刻まれていることであり、この度ラペ通り7番地にブティックをオープンした理由でもあります。ここは、数あるブティックのひとつではなく、情熱的で人々を惹きつけるメゾンと調和した、他にはない場所です」 フィリップ・レオポルド=メッツガー – ピアジェCEO

伝説の場所

ここ、ラペ通り7番地は、シャルル・フレデリック・ウォルトのはさみによってオートクチュールが誕生した場所です。1858年にオープンした彼のラグジュアリーサロンは、モードの発信地となり、世界的な有名人が大勢押し寄せました。その歴史を今日、ピアジェが引き継ぎます。アトリエ サシャの建築士クリスティーヌ・ケルリオが手掛けた21世紀の建物は、510㎡の面積を誇り、まるで邸宅を思わせる、驚きに満ちた部屋がいくつも、訪れる人を迎えます。

ピアジェの価値観を反映

最初のファサードから、ピアジェが大切にしているクリエイティビティと大胆さに満ち溢れている、ラペ通り7番地のブティック。たとえば、« Vitrine Extraordinaire »(素晴らしきショーウィンドウ)には、現代舞台の脚本家たちが新たなコレクションを物語ります。夜になるとショーウィンドウは姿を変え、最先端の光ファイバーが生み出す幻想的な光をまといます。一歩中に入ると、20人の職人が2万6千時間以上かけて手作業で仕上げられた荘厳な内装が広がります。木目の入ったオークの床、編み模様のオークの羽目板、金箔で仕上げられたケースが、ムラーノの職人によって制作されたランタンの洗練された灯りにやさしく照らされています。2階のオープンバルコニーへ続く吹き抜けには3.5mのスタイリッシュで壮麗なシャンデリアが輝き、イタリアの歴史ある一族の企業によって制作された金箔のモザイクに世界で唯一の象徴的なショーウィンドウがはめ込まれ、視線を集めます。

ピアジェの高級ジュエリーブティック

忘れられない体験

ピアジェのスタイルに調和する、ラペ通り7番地。ピアジェでは、1957年以来、貴重な素材のみを使用するという制限を課しています。シンプルなものや煌びやかなもの、クラシカルなものや豪奢なもの。ひとつひとつのジュエリーは、それぞれの時代に刻まれてきました。それは、3世代にわたってゴールドを虹色に輝く滑らかなリボンに加工し、ハンマー加工や彫刻を施してきたジュエリーチェーン職人のノウハウを取り入れたPossessionリングと同じです。

メゾンのモットー「常に必要以上に良いものをつくる」を体現するラペ通り7番地は、オート・オルロジュリーのあるべき空間を再定義します。クラフツマンシップを紹介するカウンターでは、自社製キャリバーを展示(フィリップ・レオポルド=メッツガーの後押しのもと、この数年間に25の極薄ムーブメントが誕生しました)。披露されるムービーに収められた比類なきタイムピースは、優れた時計職人を誇るラ・コート・オ・フェのアトリエの、エスプリとノウハウを物語ります。

自然の風景を模した優雅な庭園を臨むハイジュエリーの空間は、メゾンの職人技術を讃えます。向きを変えることができる魔法のようなショーケースに、2本の光が差し、その年に発表される2つのメインコレクションを輝かせます。繊細なセッティングが、ピアジェを象徴するマーキスカットや「ジュポン」(ペチコートの意味)という名のカットを引き立てる一方、ハードストーンがメゾンの自由な作風を象徴します。

ラペ通り7番地ブティックの2階では、魅惑のブライダル コレクションと0.3カラットから展開するPiaget Passionソリテールリングが、結婚を控えた恋人たちを迎えます。

歴史的なウィンドウが並ぶ中、ギャラリーは展覧会を催したりカクテルやディナーを提供する場としても、人々を迎えます。広がり続ける21世紀のピアジェ が、ここから始まります。

ピアジェの高級ウォッチとジュエリーブティック

ラペ通り7番地のブティックを見る

パリ ピアジェ ブティック - 高級ウォッチとジュエリー
パリの新しいピアジェ ブティックの店内
パリ ピアジェ ブティック - 高級ウォッチとジュエリー
パリ ピアジェ ブティック、高級ウォッチとジュエリーを取扱い

記事を見る

15.05.05 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)