お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

極薄時計の頂点に輝くピアジェ

2013年のウォッチ・オブ・ザ・イヤーに輝いたピアジェ アルティプラノ     

極薄高級ウォッチPiaget Altiplano日付表示付モデル

ジュネーブ、2013年10月25日- スイスの高級宝飾時計ブランド ピアジェの「ピアジェ アルティプラノ」日付表示付自動巻きモデルが、Montres Passion誌によるウォッチ・オブ・ザ・イヤーに«Montre de l’année 2013» 輝きました。これは創業以来、極薄時計がメゾンの代名詞ともなっているピアジェに対する高い評価の現われでしょう。

1957年以来、ピアジェは極薄時計つくりにおける専門性を育み、創業者の「常に必要以上によいものをつくる」というモットーを尊重しながら、薄さの限界に挑み続けています。今日、マニュファクチュール ピアジェが設計、開発したムーブメント35個のうち23個が極薄ムーブメントであり、そのうちの大多数が時計製造における最薄記録を保持しています。

今回この名誉ある賞を受賞した「ピアジェ アルティプラノ」は日付表示付きの自動巻きムーブメント1205Pを搭載し、ムーブメント厚わずか3.00mm、ケース厚6.36mmで2つの世界最薄記録を樹立しました。

極薄時計「ピアジェ アルティプラノ」のデザインに際してキーワードとなったのがエレガンスとシンプルさ。ピアジェは、時を超越したピュアなデザインで、時代を超えて愛される時計を誕生させたのです。ホワイトゴールド、ピンクゴールドのいずれかで作られた直径40mmのケースは、ムーブメント1205Pを搭載するために作られたものです。このムーブメントは、サーキュラーパターンのコート・ド・ジュネーブ装飾、ペルラージュ仕上げが施された地板、面取りした受け、サンレイパターンのサテン仕上げした歯車、ブルースクリュー、特別に作られた「P」の文字の緩急装置、そしてピアジェの紋章がエングレービングされたピンクゴールド製マイクロローターを特徴としています。

ピアジェのウォッチマーケティングディレクター、フランク・トゥゾーは、この10月25日の夜、Montres  Passion 誌のイベントにおける「ピアジェ アルティプラノ」のウォッチ・オブ・ザ・イヤー受賞の際、大変に感動した様子を見せました。ピアジェは2008年に「ピアジェ アルティプラノ」コレクションのスモールセコンド付き手巻きウォッチで同賞を獲得していますが、今回の受賞はその栄誉にも勝るものとなりました。

13.10.25 受賞履歴
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)