お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

パリ ピアジェ ローズ デイ

2013年6月13日、世界初のピアジェ ローズ デイがパリで開催されました。会場となったチュイルリー公園内の仮設オレンジハウスは光り輝く魅惑的なバラの雰囲気に包まれ、官能的でありながらエレガントなイベントとなりました。イヴ・ピアジェの人生において重要な位置を占めてきたバラの花は、メゾン ピアジェのアイコンとなりました。

初の「ピアジェ ローズ デイ」:

ピアジェが今年初めて主催したこのイベント会場となったチュイルリー公園内の仮設オレンジハウスには、ブランドの招待客、VIP、クライアント、ジャーナリスト、セレブリティーなど350人が集まりました。会場までは、1万本ものイヴ・ピアジェ・ローズで築かれた道が続き、その甘い香りでゲストを魅了していました。

その後ガラスとステンレスでできたこの透明なパビリオンに、ブランド随一のアンバサダー、メロディ・ガルドーが姿を現しました。45分の間、星空の下行われたプライベートコンサートは、情熱的で魅惑的な歌声が聴衆を魅了しました。彼女はピアジェのためにカバーした「バラ色の人生」を歌い、自身の才能のすべてを表現しました。彼女の最新アルバム「The Absence」にはこの曲のデラックスバージョンが収められており、この貴重な瞬間が美しい思い出となるように、ピアジェは招待客にメロディ・ガルドーのデラックスアルバムをプレゼントしました。

 
ピアジェ ローズ デイにてバラのフォトコールに答えるフロレンス・ダレル
ピアジェ ローズ デイでのアナベル・ベルモンド
 

このイベントを彩ったセレブリティーたち

コンサートの後、バラをテーマにしたディナー形式のカクテルパーティーが催され、バー・ラファエリ、ルノー・カピュソンとロランス・フェラリ夫妻、オドレイ・ダナ、アンヌ・パリロー、フレデリック・ディーファンタル、グウェンドリン・アモン、アリエル・ヴィズマン、ヴァニーユ・クレール、アナベル・ベルモンド、アクセル・ラフォント、ジュリー・デ・ボナ、フロー・ボナヴェンチュラ、ミュリエル・クラン、フロランス・ダレル、オーテンス・ゲリネ、ソフィー・ジョヴィラール、アレクサンドラ・ロス、ベアトリス・ローゼン、ポーリンヌ・スマジャ、エレナ・スベランド、サラ・ステーンなど、多くの著名人が集まりました。

魅惑的で非常にフェミニンな国際的スター、メロディ・ガルドーにはピアジェ ローズ コレクションのダイヤモンドセッティングされたホワイトゴールド製イヤリングがとてもよく似合っていました。 ピアジェ ローズ コレクションのイメージモデルであるバー・ラファエリは、ピンクトルマリンとダイヤモンドがセッティングされたジュエリーセットを身につけていました。

ピアジェ ローズ コレクションのアンバサダーであるオドレイ・ダナ、

フランス人女優ベアトリス・ローゼン、

そして、スペイン人女優キラ・ミロもピアジェ ローズ コレクションのジュエリーを身にまとい、その美しさを披露していました。

 
ピアジェ ローズ デイにてフォトコールに答えるオドレイ・ダナ
ピアジェ ローズ デイでのベアトリス・ローゼン
 

第1回ピアジェ ローズ デイの模様と今後の予定をオンラインでご覧ください。

今回初となるピアジェ ローズ デイが大成功に終わり、この祭典は毎年世界各国で開催されることになりました。詳細は以下のソーシャルネットワークにてご覧いただけます。

http://www.facebook.com/Piaget
http://twitter.com/Piaget
http://instagram.com/piagetbrand
www.youtube.com/Piaget
http://pinterest.com/piagetbrand/

イヴ・ピアジェ・ローズ… ある伝説

ピアジェ家4代目会長、イヴ・ピアジェの創作に寄り添い、インスピレーションを与えてきた花。「バラというと、私は子どもの頃を思い出します」、「私の心を最初にときめかせたのは、標高1100メートルに咲くエグランティーヌという野生種のバラでした」とイヴ・ピアジェは彼の回想録で語っています。60年代以降バラは彼の重要なモチーフとなり、ダイヤモンドセッティングされたゴールドの花弁が時計やジュエリー作品を彩ってきました。1976年、彼のバラへの愛情は決定的になります。ジュネーブ国際バラ新品種コンクールの審査員に選ばれ、ピアジェのアトリエで制作されたゴールド製のバラのトロフィーが贈られるようになったのです。1982年には有名園芸家アラン・メイアンがコンクールで優勝し、そのバラに「イヴ・ピアジェ・ローズ」という名が付けられたことにより、イヴ・ピアジェのこの素晴らしい花に対する情熱が讃えられました。こうして伝説が生まれたのです。

イヴ・ピアジェ・ローズと、そこからインスピレーションを得て創作されるジュエリーコレクションに敬意を表して、ピアジェ ローズ デイが開催されました。今後、毎年同日に世界各国で行なわれるこのイベントは、メゾンのアイコンであり、イヴ・ピアジェが愛したバラへの賛歌となるでしょう。

ピアジェ ローズ コレクションのジュエリーをご覧ください。

13.06.13 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)