お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

100店舗目となるブティックがパリにオープン

2015年4月27日、パリにピアジェ最大のブティックがオープン

ピアジェのジュエリー&ウォッチ ブティック、パリ ラペ通り

メゾン ピアジェは、4月27日に世界最大となる100店舗目のブティックをオープンします。パリのラペ通り7番地に位置する2階建ての新店舗は、時計製造マニュファクチュール、そしてジュエリー製作という2つの豊かな伝統と共に、メゾンの個性を表現します。

1世紀以上、パリの人々に高級地区として知られているラペ通りは、「常に必要以上に良いものをつくる」というピアジェのモットーを体現するのにふさわしい場所です。ラペ通り7番地は、オートクチュールの発案者と言われるシャルル・フレデリック・ウォルトの自宅があった場所。当時、彼に招かれた上流階級の人々が集った場所です。

新しいコレクションの魅力が詰まった店舗のデザインは、有名なコンテンポラリー舞台デザイナーに委ねられました。メゾンの想像力と大胆さ全てを受け止めたデザインの “Vitrine Théâtre”(劇場のショーウィンドウ)は、人々を、広がるメゾンの世界へと誘います。

足を踏み入れるとすぐに、ピアジェの魅力に圧倒されます。500平方メートル以上の敷地の内、320平方メートルが名作に捧げられおり、これまでにない建築コンセプトが魅惑の世界へと誘います。今年、2つの新しいコレクションが発表されるハイジュエリーをはじめとした、美しい作品の数々。また、1世紀以上に渡る伝統に培われた確かな技術力と、最新の技術が融合したピアジェ ウォッチが収められた特別なショーケース。ここでしか出会えない高級時計とハイジュエリーが織りなす輝きに溢れるクリエーションの数々を是非ご覧ください。

15.03.18 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)