セント レジス国際テストマッチ

 
セント レジス国際テストマッチでプレー中のピアジェ アメリカ ポロチームの選手、マーク・ガンジ

スイスの高級宝飾時計ブランド ピアジェのポロチームに所属する高い志をもった選手達が、5月に大西洋を渡り、「英国ポロの本拠地」とも呼ばれるCowdray Park Polo Clubで行われたセント レジス国際テストマッチにて、英国代表チームと対戦しました。

過去15年間において、5月19日に行われたテストマッチは、両チームが初めて英国の地でむかえる対戦となりました。更に、2012年の国際マッチシリーズは、英国とアイルランドのポロ競技を統括する組織であるハーリンガム・ポロ協会(HPA)主催かつ、高級車メーカー アウディ支援による、この年最初の国際マッチとなりました

全米ポロ協会(USPA)の認可を受けているアメリカチームのフィールダー、マーク・ガンジは、妻であるメリッサと共にインターナショナル・ポロ・クラブ・パームビーチ(IPCPB)で開催されるハイゴール・ポロでピアジェ・ポロ・チームを、そしてグランド・チャンピオンでは自身の所属チームを率いています。アメリカチームを構成するのは、アメリカでプレーする2人のトッププロ、7得点手のニック・ロルダン(キャプテン)と、ガンジ夫妻と共に定期的にフロリダでプレーしているジェフ・ホール。アメリカ生まれのポール・ピエール(8)は、アメリカの23得点を達成しています。

アメリカチームが対するのは、十分なトレーニングを積んできた24得点した英国チームです。英国チームを構成するのは、7得点手のルーク・トムリンソン(キャプテン)とジェームズ・バイム、マルコム・ボルビック(6)、そしてオリー・カドムア(4)であり、全員プロの選手です。アメリカチームのガンジは、1得点のアマチュア選手のため、セント レジステストマッチでは、地元チームが勝利するというのが大方の予想でした。

予想に反して、ゲームが始まるとプレーヤーの技量、ポニーの体力が同等であることが分かり、前半はアメリカチームがゲームをリードしていましたが、最終的には英国チームに僅か0.5ポイント差で惜しくも敗れてしまいました。

アメリカチームには、ハンディキャップが与えられゲーム開始時に0.5ポイントが加えられました。第1チャッカ開始早々、英国チームがリードを奪いますが、この回は2½対2とアメリカチームのリードで終了します。

第2チャッカでは英国が巻き返し、5対3½とリードして終了。第3チャッカは、アメリカチームが粘りを見せ、6½対6と英国チームから再びリードを奪いますが、第4チャッカでは英国チームが支配し、このチャッカは9対7½で英国がリードしたまま終了しました。

このゲームで7ゴールを上げたピアジェ アメリカチームのニック・ロルダンが、MVPの栄光に輝きました。

現在、HPAとUSPAが、アメリカ対英国で行われる、かの有名なウェストチェスター・カップシリーズを2013年に蘇らせることについて協議しています。同シリーズは、1886年に初めて開催され、2009年に行われた最後のシリーズでは英国が勝利しました。
来年のウェストチェスター・カップシリーズは、HPAアウディ・インターナショナルシリーズで開催され、世界一大きなワンデーポロマッチになるでしょう。今のところ、ピアジェ・ポロ・チームのアメリカ選手達が再び代表として集まる予定です。

12.05.19 スポーツ