Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

2015年メット・ボール

ジェシカ・チャステインとコン・リーが、2015年メット・ボールにピアジェのジュエリーを身に着けて華麗に登場

ピアジェ・インターナショナルアンバサダーのジェシカ・チャステインコン・リーが、メトロポリタン美術館で毎年開かれるコスチューム・インスティテュート・ガラパーティーにピアジェのハイジュエリーを身に着けて華麗に登場しました。ジェシカ・チャステインがホストの一人として(Honorary Host Committee)、コン・リーが共同司会者を務めたこのメット・ボール・ガラは、今季の最もグラマラスでラグジュアリーなファッションイベントとして広く注目を集めています。今年のイブニングパーティーでは、「China: Through the Looking Glass(鏡を通して見る中国)」と名付けられた、芸術、映像、ファッションにおける中国のイメージを讃える展覧会の資金が集められました。

ピアジェ・インターナショナルアンバサダーのジェシカ・チャステインは、美しいドレスに合わせ、今年の新作のピアジェ ハイジュエリーコレクションのイヤリングとリングを身に着けて登場しました。「ファッションの歴史を称えるコスチューム・インスティテュートによるパーティーは、インスピレーションに溢れ、とてもゴージャス。ファッションの歴史と深い関わりのあるピアジェのジュエリーを身に着けるのにふさわしい夜です。ピアジェのクリエイティブなスピリットは素晴らしいですし、そのジュエリーは真の芸術作品です。」

 

ハリウッドの輝かしいスターやファッション界の著名人を迎えたのは、Extremely Piagetコレクションに身を包んだコン・リー。「ピアジェの優美なイヤリングとリングを身に着け、アナ・ウィンターと共に今年のメット・ボールの司会を務めることができるのは、非常に光栄です。ピアジェとは強い関係を築いています。ピアジェの美しいジュエリーが大好きなのです。」

ピアジェCEOのフィリップ・レオポルド=メッツガーは、「今夜のメット・ボールで、世界で最もグラマラスな女性2人をピアジェのジュエリーで彩ることができ、とても嬉しく思います。2人は、メゾンのコアバリューの多くを共有し、究極のピアジェウーマンを体現する女性です」と、コメントしています。

ピアジェは今年すでに、ジェシカ・チャステインがピアジェ・インターナショナルアンバサダーに就任したことを発表しました。彼女は第87回アカデミー授賞式や、ピアジェがスポンサーを務めるフィルム・インディペンデント・スピリットアワード、2015年ゴールデングローブ賞など、様々なレッドカーペットイベントでピアジェのジュエリーを身に着けています。一方、コン・リーは、第67回カンヌ映画祭でピアジェをセレクトしています。

Extremely Piagetコレクション

15.05.04 セレブリティ
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)