お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

“Extremely Piaget” 新作ジュエリー・コレクション

アーカイヴからインスピレーションを得て、大胆な創造性でデザインを描く

大胆な色使いと思いがけないシェイプが作り出す鮮烈なクリエーション。ピアジェは大胆かつ魅惑的な作品を次々と世に送り出し、時計製造とジュエリー製造のルールを絶え間なく書き換えてきました。華麗な石と精巧な金細工とのマリアージュを追い求め、高級時計とハイジュエリーとの自然な融合を実現することで従来のしきたりを打ち破る。それがどのような方法にせよ、ピアジェはその確立された個性的なスタイルで、長年にわたり  気ままなムード感と魅力を放ってきました。

ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、ハードストーン、そして精微な金細工の絢爛を極める、〝Extremely Piaget”のハイ・ジュエリー・コレクションにインスパイアされ、ピアジェは、メゾンの遺産と壮大な創造性への情熱に回帰した豪華な新カプセル・コレクションを発表、その輝きとカリスマ性を誇示しています。無限の創造力に最高のジュエリー製造技術が相まって、象徴的な「ピアジェ・スタイル」が再びスポットライトを浴びたのです。

最高級の金細工技術と巧みなジュエリーセッティングに定義されるコレクションの中核を担うのは、かつてメゾンの創造性を世に知らしめることとなった時代に誕生した、ピアジェの定番とも言うべきカフです。この上なく美しいファブリックの質感を忠実に再現した、“Extremely Piaget”のゴールド製カフは、一目でピアジェと分かる3つの伝統的なデザインが手作業によってあしらわれ、紛れもない「ピアジェ・スタイル」を実現しています。 ピアジェのジュエリーを象徴するマーキスカットダイヤモンドは、オーバル型のシェイプを呈し、今コレクションのデザインに最上級の輝きを与える一方で、色鮮やかな石の数々が、この華麗なクリエーションに更なる美しさを添えています。

 

ブレスレットには、かすかな微光を放つメッシュ状の質感とともに「宮殿」装飾があしらわれ、その外観は玉虫色に輝く絶妙な効果を帯びながら、しばしばワイルドシルクにも例えられる触り心地を呈しています。ピアジェ特有の技術により、時計製造とジュエリーが自然な融合を果たし、ゴールドと石との豪華でまばゆいコラボレーションを織り成しています。光り輝くダイヤモンドの華やかさが、ピンクゴールドとホワイトゴールドを優雅に彩り、カフに更なる輝きを与えます。ゴールドをさらに輝かせる以外にも、ピアジェの宝石職人はまた、ゴールドを精巧に織り込んで細長い編み地とする芸術的技術をも極め、「トルサード」装飾とともに、手首を優しく包み込むバングルを作り出しました。らせん状にねじったピンクゴールドの糸を束ね、粗い質感を持たせたバングルとペアの リングに、コントラストを放つトルコ石と青みを帯びた珪孔雀石をあしらい、ピアジェならではの色の組み合わせを表現しています。バングルとリングにあしらわれた明るくフェミニンなゴールドのオープンモチーフが、繊細な「レース細工」を彷彿とさせる一方で、ゴールドに刺繍されたブリリアントカットダイヤモンドが、高度な金細工技術を強調しています。遊び心を想起させるほどの光を取り込んだホワイトゴールドのソートワールネックレスには、ダイヤモンドとトルコ石がふんだんにあしらわれた繊細な「レース細工」ペンダントが飾られています。

“Extremely Piaget”を生み出す専門的知識と技能を誇る宝石職人、金細工職人、そして象嵌細工師。これらの職人によってデザイン、製造された驚くべき新製品を携えたこのカプセル・コレクションは、ジュエリーと時計製造に大胆な革新をもたらしてきたピアジェの遺産を不朽のものとし、時代を超越して継承され、絶え間なく進化を遂げていくでしょう。

16.02.26 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)