お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

2014ウォッチ・オブ・ザ・イヤー受賞

ジュネーブ、2014年10月24日 - スイスの時計専門誌、Montres Passion誌が選ぶ2014ウォッチ・オブ・ザ・イヤー”« Montre de l’année 2014 »で、ピアジェの世界最薄機械式ウォッチ「Piaget Altiplano」 38mm 900Pが最優秀賞に選ばれました。「Piaget Altiplano」日付表示付自動巻きモデルが同賞を受賞して1年。創立140周年を迎えたメゾンは、極薄時計の分野におけるその矜恃を高く示しました。

スタイルの勝利
今年140周年を迎えたピアジェにとって、極薄の分野におけるその卓越性が真のシグネチャーとして再度証明されることとなった、今回のウォッチ・オブ・ザ・イヤー最優秀賞受賞。薄さの限界を押し広げたムーブメントを搭載した「Piaget Altiplano」コレクションが、権威ある賞を2年連続受賞したことで、ピアジェは、本当の意味で複雑機構のひとつとも言われる極薄分野においてリーダーとしての存在感を発揮しました。

最高記録
2014ウォッチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた「Piaget Altiplano」 38mm 900P は、時計製造、歴史、そして人類の挑戦そのものを表しています。ラ・コート・オ・フェとプラン・レ・ワットにある2つのマニュファクチュールが3年もの歳月をかけて「Piaget Altiplano」 38mm 900Pという大きなプロジェクトを開発することができたのは、この2つのマニュファクチュールが調和したからこそです。ムーブメントでもなく、ケースでもない。その両方を一度に取り入れ、ケースバックが地板の機能を果たした「Piaget Altiplano」 38mm 900P。ピアジェは、こうした新たなウォッチの設計を確立することで、厚さわずか3.65 mmという機械式ウォッチの分野において極薄の最高記録に到達しました。
時計職人、ケースの製造職人、デザイナーが、開発、製造、調整、仕上げの各段階において協同で作業を行い、この極薄時計に命を宿したのです。                        

エレガントな薄さ
今回、審査員たちを納得させたのは、技術的偉業に加え、「Piaget Altiplano」 38mm 900Pの『現代的なデザイン』と『エレガンス』だった点があげられます。このウォッチのデザインは、コレクションを象徴する文字盤側から、ウォッチの複雑な機構を見ることができます。文字盤のエレガンス、そして機械部分のメカニズムのコントラストにより、世界で最も薄い機械式ウォッチは思いがけないデザイン性を生み出しました。

Montres Passion誌による今回の受賞は、「常に必要以上に良いものを作る」という創業者のモットーが物語る価値を体現し続けてきたメゾンの創業140年を祝うに相応しい出来事と言えるでしょう。

14.10.24 受賞履歴
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)