Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

SIHHで披露されたPiaget Rose Passionジュエリー

ピアジェのウォッチとジュエリーを身にまとう、バー・ラファエリとビアンカ・ブランドリーニ・ダッダ

2014年1月20日、ジュネーブで開催中の国際高級時計見本市(SIHH)においてピアジェは、魅惑的なバラの美しさにインスパイアされたPiaget Rose Passionハイジュエリー コレクションの発表を祝う魅力的なイベントを主催しました。レマン湖とアルプスの息をのむほどに美しい景観を背にした美しいシャトー・ドゥ・ポントとそれを取り囲むのどかな環境は、世界中から集まったゲストたちに初めて作品が披露されるカクテルパーティーにふさわしい場所となりました。

スーパーモデルでありピアジェの友人でもあるバー・ラファエリとイタリアファッションのミューズ、ビアンカ・ブランドリーニ・ダッダは共に、Piaget Rose Passionハイジュエリー コレクションの作品を身につけ光り輝いていました。グラミー賞ノミネートのアメリカ人ジャズシンガーであり、ピアジェアンバサダーでもあるメロディ・ガルドーもコレクションの作品を身にまとい、親密なパフォーマンスでゲストたちを魅了しました。

ピアジェのジュエリーとウォッチを身にまとうバー・ラファエリ
ピアジェを身にまとうビアンカ・ブランドリーニ・ダッダ

ビアンカ・ブランドリーニ・ダッダ

その夜、ゲストたちは忘れがたいエレガンスと洗練さの世界へと導かれ、イヴ・ピアジェのバラに対する愛が込められた100点に上るジュエリーウォッチとハイジュエリー作品からなる比類なきコレクションを堪能しました。フランス皇后でありナポレオン・ボナパルトの妻であったジョセフィーヌ・ド・ボアルネが、19世紀初頭に長い年月をかけてマルメゾン城の庭園に最大級のバラ園を造り上げた情熱を、ピアジェが分かち合います。

プレミアでは、威厳ある花の女王へのオマージュを捧げるコレクションの作品の数々が大きなマルメゾン城のリトグラフからなるロマンティックなセッテイングの中に展示され、華やかなピンクのイヴ・ピアジェ・ローズとともに新しいピアジェデザインのフェミニニティと気品、モダンさを伝えていました。ピアジェの宝飾工房ですべて製作された豪華なPiaget Rose Passionの作品は、宝石のまばゆいセレクションとともに櫛やティアラ、そしてブランドが大切にしてきたカフウォッチやシークレットウォッチなど、さまざまな形で身につけることができるようにデザインされています。

その歴史が中断されていた魅惑的で美しいバラへのオマージュとして、ピアジェは19世紀初頭にジョセフィーヌ・ド・ボアルネが250種類を超えるバラを世界中から取り寄せ育てたマルメゾン城を象徴するバラ園の復元プロジェクトを支援しています。この植物の宝庫は長い年月のうちに破壊され、元の庭園の面影はほとんど残っていません。ピアジェの支援によりマルメゾン博物館は750本の古いバラの木を植え、類まれなる女性の遺産を蘇らせようとしています。

SIHH イベント 2014 - シャトー・ドゥ・ポント
SIHH イベント 2014 - Piaget Rose Passionコレクション
 
SIHH イベント 2014 - Piaget Rose Passionコレクション2
SIHH イベント 2014 - Piaget Rose Passionウォッチ

SIHHイベントで披露されたピアジェのラグジュアリーウォッチ&ジュエリー

14.01.20 インスティテューショナル イベント
Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)