USPA ピアジェ・ゴールドカップ決勝

 
ヴァリエンテⅡ・チームが栄誉あるピアジェ・ゴールドカップ トロフィーを手にしました。

ポロ世界のトップが繰り広げる緊迫した競技と華やかな祭典がピアジェ主催のもと、インターナショナル・ポロ・クラブ・パームビーチで行われ、忘れがたい1日となりました。

この日はメリッサ・ガンジ率いるピアジェ・ブラック・チームとラス・モンジタスのバトラー ハンディキャップ戦でキックオフしました。 Piaget poloのアンバサダー、ニック・ロルダンは8ゴールを決めてMVPにかがやき、14−10でピアジェが勝利を手にしました。

バトラー ハンディキャップ終了後、グランドスタンド テラスで ピアジェ ノースアメリカ社長ラリー・ボーランド主催のエレガントなシャンペンブランチが開かれ、午後のハイライト USPA ピアジェ・ゴールドカップ決勝戦を祝しました。40人のゲストの中にはTVプレゼンターのマリオ・ロペスや女優&モデルのヴェロニカ・ウェブ、 Piaget poloアンバサダーのジェフ・ホールと選手たち、マーク・ガンジ、クリス・カンプセンらの顔があり、イヴ・ピアジェ・ローズで彩られた真っ白なテーブルクロスのかかるドラマチックなロングテーブルに着席しました。そこには新作ウォッチPiaget Polo FortyFiveもディスプレーされていました。

ピアジェ・ゴールドカップ決勝戦はデンバー拠点の2チーム、ヴァリエンテⅠとヴァリエンテⅡの対戦となり、父ボブ・ジョーナイヴァスと息子ロバート・ジョーナイヴァスの白熱した戦いが見られました。いくつかの中断があり、第5チャッカー後半では世界ナンバーワン プレーヤーであるアドルフォ・カンビアソがケガに見舞われました。最後はヴァリエンテⅡが猛撃し、11−9で勝利を収めました。栄誉あるピアジェ・ゴールドカップ トロフィーの授与とともに、チームメンバー全員に Piaget Polo FortyFive クロノグラフが贈られました。ペロン・スターリングがMVPを獲得し、チリ産サラブレッドのカピーラがベスト プレイング ポニーに選ばれました。

2012年USPA ピアジェ・ゴールドカップは、スイスの高級宝飾時計ブランドのスポンサーシップで5年目を迎えました。ピアジェはまたカリフォルニア、サンタバーバラのポロ競技のメインスポンサーでもあり、今年の8月12日にはピアジェ・シルバーカップ決勝を主催します。ピアジェとアメリカのポロ競技との関係には長い歴史があります。1970年代後半からイヴ・ピアジェはパームビーチにおける「王族のスポーツ」の熱心なサポーターであったのです。


著作権: LILA PHOTO

2012年ピアジェ・ゴールドカップの勝者
ピアジェ ノースアメリカ社長ラリー・ボーランドとジェフ・ホール、ニック・ロルダン
12.03.25 スポーツ