お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

サーチガイド

お探しのキーワード: スケルトン 腕時計

マニュファクチュール ピアジェの スケルトン 腕時計
他のモデル

伝統と革新のピアジェ スケルトン 腕時計

ジョルジュ・エドワール・ピアジェがスイスのジュラ山脈の小さな村、ラ・コート・オ・フェに時計工房を設立したのが1874年。その後、ピアジェは精密なムーブメントの製造に打ち込み、極薄ムーブメントの開発など数々の革新的な作品を生み出してきました。スケルトン 腕時計およびジュエリーのクリエイションで、世界のトップブランドへと成長したのでした。

スケルトン 腕時計 : さらに詳しく

ピアジェの"アルティプラノ"コレクションは、そのピュアなラインが特徴的な極薄時計です。究極のシンプリシティーとも形容される“アルティプラノ”のスリムでエレガントなケースは、芸術的な美をより一層高めています。ピアジェ ムーブメントのシンボルともいえる、サーキュラーパターンのコート・ド・ジュネーブ装飾やブルーのビスなど、高級時計ならではのあらゆるムーブメント装飾を堪能することができます。

世界に認められるピアジェの極薄ムーブメント

"アルティプラノ"コレクションのメカニカル ホワイトゴールド 腕時計やメカニカル ピンクゴールド 腕時計に採用されている極薄ムーブメントは、1950年代に開発され、後にピアジェのトレードマークとなりました。1957年には、厚さわずか2mmの手巻きキャリバー9Pが登場し、その3年後には、厚さ2.3mmのキャリバー12Pを発表しました。このキャリバーによりピアジェは、「世界最薄自動巻きムーブメント」の開発者として、ギネスブック入りを果たしました。類まれな熟練の技が要求される極薄ムーブメントの分野における、ピアジェの技術革新力と比類ないクラフツマンシップを表しています。

ピアジェ-時計職人としての伝統と未来へのチャレンジ精神

ピアジェは、腕時計製造の新たな可能性を模索しつつ、男性用および女性用メカニカル腕時計のクリエイションに挑んできました。時を超えて愛されるモデルを世に送り出すために、ピアジェは常に革新への道を歩んでいます。

Facebook Twitter Google Pinterest

(default title)