360box-openbubblechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upCircumferenceclosecredit-cardsellipsisfacebookfiltersgeolocationgoheartHeightinstagramintjewelryLinkedinmagnifying-glassmailmenuminuspdfphonepluspointer-downpointer-upreturnshareshopping-bagSpeakerstorestwitteruserwatchesWechatweiboWidthYoukuyoutubeaeatbechcndedkesfifrgbhkieitjpkrlunlptrusetwus
お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

    メゾン ピアジェ

    メゾン ピアジェ

    驚異のアトリエ

    美しさと制作の原点

    'ピアジェは、ラ・コート・オ・フェとプラン・レ・ワットにある2つのマニュファクチュールで、デザイナーの斬新なアイディアに生命を吹き込んでいます。大切に保護され、より高められながら、世代から世代へと受け継がれてきた貴重なスキルにより、類稀なるクリエイションが毎日、この2つのアトリエで誕生しています。高級時計とジュエリー クリエイションは、そのひとつひとつが芸術作品同様にデザイン・制作されており、『常に必要以上によいものをつくる』という創業者のモットーを形にしています。

    ジュエリー デザイナー

    ピアジェは歴史あるラ・コート・オ・フェの拠点を大切に守り続けています

    メゾンを象徴する極薄キャリバーなど、ピアジェの卓越したムーブメントはこの地で設計・制作されています。静かで人里離れたこの場所は、そこで日々繰り広げられている活動を見事に映し出しています。時計の心臓部にあたるムーブメントは、ラ・コート・オ・フェのアトリエを離れてもなお、内側に秘めたその美しさを絶えず留めています。ピアジェの時計職人にとって、いつか皆さまに着用していただくための時計は、どんなに小さなディテールであっても、最新の配慮と注意をもって取り扱うべき大事な要素です。
    金細工加工とジュエリーに特化したアトリエを設営して以降、メゾンは、プラン・レ・ワットを、ゴールドとジェムストーンについてそのクリエイティビティとデザインセンスを発揮する場としました。この地で、貴金属は、職人によって昇華され、洗練されたケースやシルクのようなブレスレット、壮麗なジュエリーへと姿を変えます。セッティング職人が、この上なく美しい宝石でメゾンのクリエイションを飾ります。ジュネーブ州の端にあるこのプラン・レ・ワットのアトリエでは、原材料が加工され、類稀なる芸術作品へと仕上げられます。製造に不可欠なその技術は、ピアジェの文化に深く根付いたもので、自由、大胆さ、厳格な卓越性の要件の根幹を成しているのです。

    ゴールドデザインジュエリーとハイジュエリー
    極薄ウォッチ、スイスの時計マニュファクチュール

    プラン・レ・ワット

    プラン・レ・ワットのマニュファクチュールの主役はゴールドです。 ご存じのとおり、ピアジェはゴールド加工に関して非常に深い専門性を有しています。ピアジェの職人は、ムーブメントを収めるケースを制作する際、塊から素材を加工します。ワイヤーほど細くゴールドを引き伸ばして、そのシルクのようなしなやかさに見る人が驚くほど細かなメッシュのブレスレットに仕上げます。そして、その表面に、ポリッシュ仕上げ、サテン仕上げ、装飾、ダイヤモンド仕上げ、エングレービングといった加工を施し、この上ない繊細さを駆使してゴールドが光の中で戯れるよう仕上げます。ジュエリーとハイジュエリーのアトリエでは、ゴールドとプレシャスストーンが組み合わさり、デザイナーと宝石鑑定士との間で頻繁に繰り広げられる対話を通して、すべてのスキルをひとつにします。ジュエリー職人と宝石セッティング職人は、各々の経験や巧みな技術、熟練の目を駆使して、最初のスケッチをまばゆく輝くクリエイションにへと変えてくのです。

    ラ・コート・オ・フェ

    ラ・コート・オ・フェでは、ピアジェの40種類以上のキャリバーが完全自社で設計・製作・組立てされています。そのシルエットは極めて薄く、なかには厚さがわずか2.35mmのものもあります。またすべて、メゾンのエレガンスの基準を満たしています。複雑機構やスケルトンの分野でも、薄さという必須要件は変わらず、エンジニアや時計職人にとってさらなる課題となっています。その複雑さゆえ、極薄は、何年もの鍛錬を経てようやく得られる特別な技術を要します。1つのムーブメントには400もの部品が含まれ、そのひとつひとつに細かな仕上げや装飾が施されます。およそ15種類もの異なる技術によってキャリバーに美的要素がもたらされます。しかしその美しさは、気品あふれるケースの上に華々しく表されるものもあれば、ケースの中に隠されたままとなるものもあるのです。

    ラ・コート・オ・フェに建つピアジェのマニュファクチュール
    Facebook Twitter Google Plus Pinterest

    (default title)