新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴い、一部ブティックのクローズ、及び営業時間の変更をさせて頂いております。詳しくはピアジェ コンタクトセンター (0120-73-1874)までお問い合わせください。

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

Altiplano 極薄 ピンクゴールド ウォッチ

Altiplano
極薄の追求

ジョルジュ=エドワール・ピアジェとピアジェの繁栄

チャプター1:始まり

マニュファクチュール ピアジェの極薄ムーブメントのストーリーは、ラ・コート・オ・フェ繁栄の歴史と深く結びついています。この厳粛で孤立した村でジョルジュ=エドワール・ピアジェや後継者らは独自の道を切り開いてきました。<Br> 極薄の追求へと駆り立てた要因とは?1957年のキャリバー9Pの発売以来、ピアジェは無限大の薄さで業界をけん引んする記録を次々と打ち出してきました。

自然の偉大な力に囲まれ、メゾンピアジェは、卓越などの独自の価値を構築し、そこから『常に必要以上によいものをつくる』というモットーが生まれました。

極薄ウォッチの追求は、厳密さや団結を必要とする技術的な挑戦で、このプロテスタントを信仰するメゾンを定義する特徴となりました。それは自由へのドアでもあり、文字盤上での表現の場を広げたのです。 

時計製造の歴史:マニュファクチュール ピアジェ
ピアジェの時計製造とラグジュアリーウォッチのノウハウ

ピアジェは、以前の精密性や創造力に新たな美の理想を付け加えました。このエレガントなブランドは、究極的な洗練を模索しています。

目標は「省く」ことで、加えることなく時計製造のフェースを変貌させることです。

そしてピアジェは自然とより薄いムーブメント、そして機構や極薄構造を搭載するキャリバーに関する記録を樹立したのです。ピアジェにとってのこれらの功績は、「記録」という文字通りの解釈が必要となります。つまりそれは、例外的な出来事の書面での証言または報告を意味しています。それは大胆さを持つ時計製造の歴史をさらに深めることへの欲望を表しています。

わずか厚さ2.3㎜の自動巻キャリバーを製造することは、まるで夢のようなことでした。ラ・コート・オ・フェの研究チームは時計製造の歴史においてもっとも優れたチャプターを書いていることに誇りを抱いています(…)

ジャーナル・ドゥ・ジュネーヴ、1960年4月27日

チャプター2

Piaget Altiplano 極薄ウォッチ

明白な極薄

成り行き任せはあり得ません。ティモシー・ピアジェ指揮の下、彼の先祖により設立されたその独立工房は、現代企業へと変貌を遂げました。それは「ファブリック」として知られこととなる慣例にとらわれない精神を連想させる三日月型の出窓のある広々としたマニュファクチュールです。

1913年、メゾンは極薄部品のスペシャリストとして、時計の卸売業者のカタログに載るようになりました。

その専門性は広く好まれるようになり、メゾンが革新へと駆り立てられるのに十分な分野となりました。

Altiplano 極薄メンズウォッチ
Altiplano メンズ ホワイトゴールドウォッチ

ピアジェ キャリバー9P - ピアジェ キャリバー12P

1957年に発売されたキャリバー9Pは市場を開拓しました。

たった厚さ2㎜で、極薄ラグジュアリーウォッチの外観を洗練させました。それと同時に、かつては拡大鏡なしに時刻を読むのがほぼ不可能であった文字盤の表面を拡大することも可能となりました。

伝説的な9Pは、極薄ウィメンズウォッチに多大な影響を及ぼしました。3年後、ピアジェは男性をターゲットとした厚さ2.3㎜の自動巻きバージョンを発表しました。それには、独創的な24Kゴールド製のオフセンターに配されたマイクロローターシステムが搭載されていました。複数の特許を取得した12Pは注目の的となりました。

Altiplano 極薄ウォッチとゴールド ポケットウォッチ

キャリバーのリスト – 未来の記録 – ピアジェの大胆なブランドとしてのステータスの確立革新的なソリューションを専門とするこのマニュファクチュールは、時計の美しさを引き出す方法としても極薄を活用しています。

より大きな文字盤には、大きな可能性が秘められているのです!

チャプター3

Piaget Altiplano ウォッチの文字盤

創造性の解放

薄い時計は文字盤のスペースの可能性を広げ、インスピレーションを呼び覚ます白紙へと変わるのです。ピアジェは極薄を2つの用途で活用しました。一方はシンプルなスタイルで、もう一方は贅沢な装飾や色使いのものです。このクリエイティブな自由さが想像以上の衝撃をもたらすのです!

ピアジェのカラーパレットは特別です。それは素晴らしいピースや非常に洗練されたウォッチに表現されており、それらの文字盤は明るい色合いが大胆に使用されています。

Piaget Altiplano ウォッチ

ピアジェの時計製造におけるビジョンは芸術、建築、デザイン、そしてオートクチュールと共通したものがあります。メゾンは60~70年代から、魅力的なのグラフィック効果を大胆に取り入れています。一方ではモノクロと同系色であるラピスやターコイズを組み合わせたり、もう一方では、オニキスとチャコールといったコントラストの効いた奇抜な色を組み合わせたりもてします。 

Altiplano ゴールドウォッチ

私は宝石や色への情熱と共にアメリカから帰国しました。その当時、私たちは装飾石を多くの時計に施し始めていました。これらの地質学的な奇跡を使用することで、文字盤をたった1/10ミリの薄さへと磨き上げて行くことに成功したのです。

イヴ・ピアジェ

チャプター4

アルティプラーノ平原の純潔さと極薄の美しさ

極薄の由来

1976年はメゾンにとって記念すべき年となりました。クォーツは、精密性という意味で劇的な変化をもたらしましたが、機械式ムーブメントは非常に厚みがありました。

ピアジェは、その新たな挑戦に取り組み、世界一薄いクォーツムーブメントである厚さ3.1㎜の7Pを発表しました。そして、その後すぐに、メゾンは小さなウィメンズウォッチとして厚さ2㎜の新しい自動巻きムーブメント、4Pを発売しました。

活気に満ちたピアジェは、すべての技術的で美しい極薄のスペクトルを創り出したのです。しかし、ピアジェは独自の特殊なテリトリーに独自の刺激的な名前を付けたいと願っていました。

1998年に有名な9Pに代わり、高振動数、改良されたパワーリザーブ、耐衝撃性といった極薄ウォッチのより優れた機能を搭載した厚さ2.1mmの430Pが発売されました。これらの「ピアジェ極薄コレクション」としてカタログにすでに掲載されていたコレクションはAltiplanoと名づけられました。 

Piaget Altiplano 極薄ウォッチ

南アメリカの4か国に跨るAltiplano(アルティプラーノ)は平均高度3,650mの壮大な平原です。究極の洗練を極上のエレガンスへと変身させるこのコレクションの美しさにも通じる純潔さがあり、 

薄型ラグジュアリーウォッチのストーリー 

記録の探求

「常に継承される美しさがたぶん最大の強みでしょう」バルザックの著書より。美しさは、間違いなくピアジェの強みの1つで、極薄はメゾンのアイデンティティに必要不可欠な要素です。

様々な極薄ムーブメントに続く極薄ムーブメントは、より長時間のパワーリザーブやより高い機能性、そして素晴らしい構造となっています。このトレンドにより、ケースとムーブメントが1つとなったAltiplano 900Pの開発へと結びつきました。

チャプター5

ピアジェ極薄ウォッチと機械式ムーブメント

キャリバー1200Pの2つの記録

これは革新的と評されるのメゾンへの敬意であり、論理的な前進でもありました。ピアジェのウォッチで最薄の自動巻き機械式ムーブメントである伝説のキャリバー12Pの発売から50年の月日を経て、その後継者として1200P をピアジェが発表しました。

その名にゼロがもう2つ付き、そしてもう2つの記録を樹立しました。厚さ2.35㎜で、2010年の発売時には市場において最も薄い極薄自動巻キャリバーとなりました。発売当初、すべてが新しいAltiplanoの43㎜のケースは厚さ5.25㎜で、同年の該当カテゴリーにおいて最も薄い時計として2つ目の記録を樹立しました。

Altiplano 極薄 ホワイトゴールド ウォッチ

1200Pはマイクロメカニズムの限界を越えました。クラシックなムーブメントが0.2㎜なのに対し、1200Pは人間の髪の毛(0.8㎜)よりもほんの少し厚いたった0.12㎜なのです。優れた信頼性と機能性はそのままに、実現可能な限り薄い素材で構成されています。

ピアジェ ホワイトゴールド ウォッチ

1200Pのデザインには計り知れないほどの工夫が凝らされています。12Pムーブメントからインスピレーションを得ており、オフセンターのマイクロローターを使用することで通常は自動での組み立てにより出るボリュームが回避されています。そのマイクロローターも軽量にするためプラチナ製で、慣性が優れた巻き上げを実現しています。

Altiplano 極薄ダイヤモンドウォッチ

特別なキャリバーのための特別なウォッチ

Altiplano 43mmアニバーサリーエディションのように手作業で施されたギョーシェ模様の文字盤と意図的に平らになったクリスタルがケースの薄さにアクセントをもたらしています。

チャプター6

メンズ ピンクゴールド スケルトンウォッチ

スケルトン&極薄:素晴らしいパートナーシップ

省くことはもっとも必要とされることです。それは極薄キャリバーの形を、またはできる限り空洞化したムーブメントを使用することで可能となります。両方のコンビネーションは、メゾンピアジェが見事に取り込んだ技術的な挑戦への情熱を意味しています。

スケルトンの原理には、できる限り部品を取り除くことで、機構を解放し純粋な調和を実現することが含まれています。極薄ムーブメントでは、操作するための空間がバランスをもたらします。メタル製の糸のこぎりであるフレットソーを使用して切り抜いたピースは、歪みが生じやすく繊細です。最大限に透かし細工を施すと、非常にデリケートになります。特に素晴らしいムーブメントのシースルー効果の美しさを保ちつつ、頑丈さを失わないための解決策を見つけ出す必要がありました。

1976年、メゾンはスケルトンバージョンのキャリバー9Pを改良することでその卓越性を世に知らしめました。

シースルーのムーブメントは2000年代に入りメゾンのアイコンとなりました。ピアジェは限界を超えることで、どれだけの規制があったとしても、信じがたいほどに洗練された製品を創り出すための探求を何よりも優先させるのです。その後、キャリバー838Pと1200Pは順に、スケルトンバージョンとして生産されました。

Loading

この流れの中で、ピアジェが特に愛するダイヤモンドが、世界に先駆けD838やD1200といった特定のスケルトンキャリバーに装飾されました。宝石を取り付けるため、メインプレートは18Kゴールド製となっています。無限大の複雑なムーブメントは貴重な透かし細工へと変貌を遂げたのです。

第7章

極薄ゴールドウォッチのノウハウ

Altiplano 38mm 900P:融合の芸術

ピアジェの極薄への探求は、これまで研究されたことのない道を突き進むことが求められます。人々が足を踏み入れない道をあえて探究し、マニュファクチュールの類稀な専門技術により、大胆なソリューションが具現化され、実際に導入されました。

2014年、ピアジェは創業140周年を迎え、極薄に関する数々の記録を打ち立てたことを祝いました。現在、メゾンは2つのアトリエで構成されています。極薄が誕生した、ラ・コート・オ・フェの歴史あるアトリエでは、組み立て職人、面取り職人、時計職人が、薄さの可能性を切り開いています。一方、ジュネーブ郊外のプラン・レ・ワットにあるAteliers de l’Extraordinaire(驚異のアトリエ)には、金細工、ハイジュエリー、ケースの製作を専門とする職人が集まっています。

Altiplano 極薄ウォッチ

2014年、Altiplano アルティメート・マニュアルと900Pキャリバーにおいて、一体化された2つのマニュファクチュールのノウハウが組み合わされることにより、メカニズムと時計の外装が完璧に融合するという最高レベルの偉業が達成されました。3年にわたって、設計、製造、セッティングの各段階において、チームが協同で作業を行い、この極薄時計に命を吹き込んだのです。一体型構造として設計されたこのクリエイションは、わずか3.65mmという薄さで世界記録を樹立しました。

Loading

構成部品は100分の1ミリ単位で調節されていますが、真の秘密はケース自体のデザインにあり、ケースバックは地板としても使用されています。このような構造により、ムーブメントの反転構造が実現。ブリッジは文字盤側から眺めることができます。Altiplano 900P 38mm 極薄ウォッチの壮観で類稀なデザインは、ダイヤモンドがセットされた特別モデルにも採用されています。

このクリエイションは、さらなる偉業実現に向けて進化を続けており、これは、1874年からノウハウを蓄積し続けてきたピアジェにしか実現できないでしょう。 

ピアジェ 極薄ホワイトゴールドウォッチを着用したマイケル・B・ ジョーダン

第8章

Altiplano 極薄 ホワイトゴールドウォッチ

究極の2mmへ

すでに多くの偉業を達成した今、信頼性を維持しつつ、時計の厚みをさらに減らすことなど想像できるでしょうか?しかしピアジェは、世界最薄手巻ウォッチ、Altiplano アルティメート・コンセプトで多くの記録を打ち立て、さらなる大成功を収めたのです。

ケースとムーブメントを融合するという前提からスタートしたマニュファクチュールは、新しいオプションを研究しました。今回は、超硬質なコバルトを主成分とする新しいハイテク合金を採用。

最後の10分の数ミリを削り取るために、Altiplano アルティメート・コンセプトでは、5つの特許出願中の極めて重要な技術的革新を使用しています。構成部品はすべてフレームに取り付けられており、複数の要素はボールベアリング上にあります。テン輪とヒゲゼンマイは反転。ヒゲゼンマイのみがヒゲ玉に取り付けられています。また、緩急装置がない代わりに、ヒゲ持ちにより調節を可能としました。ケースバンドに組み込まれた、いわゆる入れ子式のリューズには、歯車と同一面にウォームギヤを搭載。同軸上にすべてを収めて厚みを抑えています。クリスタルもデザインを一新し、厚さはわずか0.2mmとなり、Altiplano 極薄ウォッチにしっかりと組み込まれ、3気圧防水を実現しています。

Altiplano メンズ ホワイトゴールドウォッチ
ピアジェ Altiplano 極薄ウォッチケース

その薄さは事実が証明します。厚さ2.0mm、直径41mmのAltiplano アルティメート・コンセプトは、時計製造の基礎を再解釈したものです。2018年には、手巻機械式ムーブメントを備えた世界最薄の18Kゴールド製ウォッチが誕生しました。

世界最薄ウォッチ:Piaget Altiplano

第9章

極薄 メンズ ピンクゴールドウォッチ

極薄が見せるさまざまな表情

薄さは革新の分野であり、技術的偉業です。第二の肌のようにフィットする時計により、エレガンスの新たな基準を打ち立てています。Altiplanoの文字盤が、この端正で洗練されたシルエットをさらに引き立てます。

すべての人に最適なAltiplanoです。オーナメンタルストーンを用いて余分なものをそぎ落とす、または形を変えたりした後、さらにポリッシュ仕上げを連続的に施すことによって、わずか10分の1ミリの薄さを実現しました。シルバーとブラックの文字盤しかなかった60年代、ピアジェは極薄時計によって確保されたスペースを利用し、ハードストーンを用いたカラー文字盤を製作しました。例えば、ナイトブルーラッカーで仕上げたAltiplano ウォッチのように、明るい色調の天然オパークルビー、ラピスラズリ、ターコイズが、自然な色合いを際立たせています。 

ホワイトゴールド製ダイヤモンド付き極薄トゥールビヨンウォッチ

究極の極薄を実現しつつ、トゥールビヨンは、本来備わっている時計の魅力をさらに引き出しています。ピアジェのシグネチャーであるアシンメトリーなデザインに、無限のシンボルである数字の8と、特許を取得したエネルギーリダイレクトシステムが組み合わされました。ピアジェ Altiplano 極薄ウォッチは、この上ない付け心地を実現します。 

ピアジェ自社製極薄トゥールビヨンムーブメント
ピンクゴールド製ダイヤモンド付き トゥールビヨンウォッチ

フランス・アメリカの合作による傑作『パリは燃えているか』が1966年に初上演された時、観客はそのキャスティング、特にフランス映画で最も人気のあった俳優の一人、アラン・ドロンの登場に圧倒され、彼に釘付けとなりました。彼は腕にピアジェ Altiplano 極薄ウォッチを装着していました。この時計は現在、中国の俳優フー・ゴー、フランスのアラン・ドロン、アメリカのマイケル・B・ジョーダンといった最も偉大なアーティストたちによって選ばれ、彼らのスタイルを引き立てています。 

フー・ゴー、アラン・ドロン、マイケル・B・ジョーダンが着用したピアジェ Altiplano ウォッチ
ピアジェ Altiplano 極薄ウォッチ、エナメル文字盤

芸術的な技巧とピアジェとの出会い

名声のある芸術的な技巧が主役となり、ピアジェとパートナーシップを結びました。フェザー、ウッド、レザーのマルケトリー、ピンクゴールドのエングレービング、クロワゾネ・エナメルといった技巧が、調和の取れたコントラストでAltiplanoの基本理念を打破します。

第10章

Altiplano 極薄レディースウォッチ

極薄とハイジュエリーの融合

ピアジェが1957年にキャリバー9Pを発表した時、時計製造におけるデザインの既成概念が覆されました。従来の組み合わせ方にとらわれず、色彩豊かなオーナメンタルストーンに、プレシャスストーンを合わせました。

喜びと活力を希求する熱意は、ピアジェの存在感を際立たせています。ピアジェのものと一目で分かるシグネチャーが、ジュエリーウォッチにも展開されました。エクセプショナルピースで時刻を確認することは、その瞬間瞬間を魅力的な体験にします。また、Ateliers de l’Extraordinaire(驚異のアトリエ)のブラシで製作されたジュエリーを肌で感じることは、他にはない特別な機会です。

ピアジェ Altiplano 極薄ダイヤモンドウォッチ

細心の注意と情熱にあふれた作品が実現するたび、新しいストーリーが生まれます。魂の込められた作品は、代々受け継がれ、あらゆる世代を魅了します。

マニュファクチュールでかつて専門の時計職人を務めたジェラール・ルルクセル

しかし、ピアジェの宝石セッティングは、ケースと文字盤だけにとどまりません。マニュファクチュールでは、ムーブメント自体の難しいセッティングも行っています!メゾンのセッティング職人は、ついにダイヤモンドを用いた極薄ムーブメントの装飾を実現しました。地板と複数の構成部品はゴールド製です。薄い素材のため、ストーンを挿入、固定するためのスペースはほとんどありません。そのため、Altiplano アルティメート・マニュアル 極薄ダイヤモンドウォッチと900P手巻キャリバーには極めて精緻な釣り合いが必要であり、ジュエリーモデルでは、正確に総計4.71カラットで揃えられています。 

ホワイトゴールド製ダイヤモンド付きレディースウォッチ、ピアジェ Possession ジュエリー
ホワイトゴールド製ダイヤモンド付き極薄 レディースウォッチ

ベゼルにはバゲットカットダイヤモンド、ラグと中央にはブリリアントカットダイヤモンドがあしらわれており、カット作業がいかに繊細なものであるかを304個のダイヤモンドが表しています。文字盤上のアワーサークルは、33個のバゲットカットダイヤモンドで象られています。ピアジェは細部に至るまでこだわり、ブリッジと歯車機構のネジにはダイヤモンドをセットしました。

5.65mmという魅力的なシルエットにより、世界最薄のハイジュエリーウォッチが誕生しました。

Altiplano 極薄ウォッチ