360box-openbubblechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upCircumferenceclosecredit-cardsellipsisfacebookfiltersgeolocationgoheartHeightinstagramintjewelryLinkedinmagnifying-glassmailmenuminuspdfphonepluspointer-downpointer-upreturnshareshopping-bagSpeakerstorestwitteruserwatchesWechatweiboWidthYoukuyoutubeaeatbechcndedkesfifrgbhkieitjpkrlunlptrusetwus
お使いのブラウザはサポートされていません。

本サイトをご利用いただくにはブラウザを更新いただく必要があります。 ブラウザを更新する

×

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

    ムーブメント 1270P

    世界最薄の角型トゥールビヨンムーブメント600Pと、マイクロローターを搭載した極薄自動巻ムーブメント1208Pの両方の特徴を取り入れたキャリバー1270Pは、厚さ5.55mmのピアジェ初の自動巻トゥールビヨンムーブメントであり、デザイン面、技術面ともに革新的な個性を備えています。 トゥールビヨンは真の最高級時計の証であり、時計製造において複雑機構のひとつに数えられています。269個の部品からなる複雑な機械式ムーブメントを限られた空間の中で製造することはこの上ない技術的偉業ですが‐ いくつかの歯車の厚さは0.12mmにも満たない‐ このキャリバー1270Pは並外れた美しさでも際立っています。 高級時計界の常識を堂々と打ち破るこのムーブメントは、伝統的な時計作りの特徴を逆転しています。つまり、文字盤側からオフセンターのプラチナ製マイクロローターがうかがえ、これが同様にオフセンターに配された見事なトゥールビヨンキャリッジと美しく交わりながら数字の“8”を描きます。 時針、分針もまた中央から外れた5時位置に、サンレイパターンのギョーシェ模様とともにあしらわれています。レーザーで描き出された文字盤のサンレイパターンのギョーシェ模様、オフセンターの針に向けられた細いインデックス、ローターとトゥールビヨンを囲うゴールド製のラインの堂々たる輪郭など、ムーブメントにあしらわれた細かな仕上げが随所に見られます。さらに、マイクロローターにあしらわれたピアジェの紋章のエングレービングとギョーシェ模様の高級時計ならではの装飾に、全体のモダンな表現がうまく呼応しています。 ピアジェの紋章と1270Pの記載がエングレービングされたケースの裏蓋にはふたつの窓。ひとつはパワーリザーブ表示を、もうひとつはトゥールビヨンキャリッジの裏面を披露しています。


    グランドコンプリケーション付きムーブメント

    Facebook Twitter Google Plus Pinterest

    (default title)