現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

コミュニティ

ピアジェはコミュニティを支援するにあたり、新たな人材を育成し、連帯を示す、という2本の柱を重視します。

新たな人材

ピアジェはウォッチ、ジュエリー、デザインの学校のうち数校を対象に、人材の育成を支援します。

スイスのデザインスクール、HEAD

ピアジェ・ヤング・タレント・アワード

ピアジェはHEADジュネーブ(ジュネーブ造形芸術大学)とのパートナーシップにより、ピアジェ/HEADヤング・タレント・アワードを開催しています。この賞は、同大学のジュエリー、ウォッチ、アクセサリーデザインの学士・修士課程で学ぶ学生が、ピアジェのDNAに結びついたデザインワークショップで発揮するクリエイティビティを讃えるものです。

ジュエリーブランド、ピアジェのパートナーシップ

ロマンド・ピアジェ・アワード

若き才能の育成に力を注ぐピアジェは、フランス語圏スイスにある複数の装飾美術学校のジュエリー課程4年生にデザイン賞とジュエラー賞を贈っています。

UFBJOP、デザイン&ジュエリー スクール

ジュエリー高等学校(パリ)

過去10年以上におよぶパートナーシップを経て、ピアジェは現在、ジュエリー上級認定課程(CSJ)の学生30人からなる「ピアジェ・クラス」とジュエリーデザイン学士課程の学生15人を支援しています。2018年から始まったこのスポンサーシップは、学生たちが課程を修了する2021年まで継続されます。

クリエイティブ・アカデミーのウォッチ&ジュエリーデザイナー

クリエイティブ・アカデミー――ミラノ

クリエイティブ・アカデミーは2003年の創立以来、世界中から集まるジュエリー、ウォッチ、アクセサリー分野の若手デザイナーに専門教育を提供しています。こうして、同修士課程を修了した人材がリシュモン・グループの各メゾンでクリエイションに携われるようになることを目指しています。ピアジェは毎年、社内のデザインスタジオにおける3カ月のインターンシップを提供することで同アカデミーを支援しています。

スイスのジュエラー研修生

ピアジェ――研修を提供する企業

ピアジェは学生や大卒者を対象として定期的にインターンシップを提供し、3~9カ月間にわたって訓練を受けられるよう図っています。

連帯

ピアジェは資金援助、製品供与、スタッフのボランティア活動を通して慈善事業に取り組んでいます。

アクション・イノセンス・ジュネーブ

アクション・イノセンス・ジュネーブ(AIG)

ピアジェは、子供にとって安全なインターネット利用を促進するため、AIGを1999年の創設以来支援しています。アクション・イノセンスは、インターネットにおける子供の尊厳と人格を守るために闘っています。活動の目的は、子供、青少年、親、教育・保健・社会福祉の専門家に向け、インターネットの安全な利用を推進することです。

ピアジェ・イタリアはフランチェスカ・ラーヴァ財団の教育関連プロジェクト数件を支援しています

フランチェスカ・ラーヴァ財団

ピアジェ・イタリアはフランチェスカ・ラーヴァ財団の教育関連プロジェクト数件を支援しています。 フランチェスカ・ラーヴァ財団 – N.P.H. イタリアは独立した非政治的・非営利の福祉団体です。イタリアを含む世界中で支援を必要としている子供たちに援助の手を差し伸べる活動を行っています。

バードライフ・インターナショナル

バードライフ――日本

ピアジェ日本は、鳥の保護を専門とするNGO、バードライフ・インターナショナルを支援しています。

マザーズチョイス

マザーズチョイス――香港

ピアジェ香港は、望まぬ妊娠をした十代の香港女性を援助するマザーズチョイスを支援しています。マザーズチョイスは現在、妊娠した若い女性に向けたサービス、保育施設、養子縁組サービス、児童養護サービスという主に4つのサービスを通し、地域における数千人の人生に影響を与えています。

バトー・ジュネーブ

バトー・ジュネーブ――スイス

ピアジェ本社は、ホームレスの人々を援助するバトー・ジュネーブを支援しています。同団体は毎朝250人分の朝食を提供し、ITとフランス語の研修を行い、社会復帰プログラムを実施しています。

アルティプラーノ砂漠プロジェクト

RAFTアルティプラーノ・プロジェクト

砂漠の僻地における質の高い救命治療へのアクセスを改善する、遠隔医療プロジェクトを支援する。