現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

責任ある調達

ピアジェは自社のサプライチェーン全体で倫理的な行動を継続的に推進しています。また業界団体や取引先と協力し、事業全体で優れた慣行を促進し実施するよう図っています。

企業倫理

責任ある宝飾のための協議会(RJC)は、ゴールドとダイヤモンドのサプライチェーン全体を対象に、倫理、人権、社会、環境の各面で責任ある事業実践を促進することに焦点を当てています。最近ではこの対象にカラープレシャスストーンが加わりました。RJCとピアジェは、ジュエリーと時計製造業界の各社には倫理的に行動する責任があると考えています。RJCは、簡単なステップで得られる透明な認証プロセスを提供することで、業界各社が次第に高まる倫理基準を達成できるよう支援します。 


ピアジェは2006年にRJCに加盟し、2011年以降その行動規範(CoP)認証を維持しています。ピアジェは責任ある調達を重要な優先項目とみなし、RJCに積極的に関与しています。また、すべての供給業者がRJC認証を取得することを目標としています。 


「ジュエリー企業はサプライチェーン全体の持続可能性をどのように保証できるか」に対する関心の高まりを受け、RJCと国連グローバル・コンパクトはパートナーシップを発表しました。詳細はこちらでご覧ください

ジュエリーブランドは持続可能性を支援します

持続可能なサプライチェーン

ピアジェはすべての供給業者に対し、グループの行動規範に署名するよう求めています。この中には、一般要件、責任あるサプライチェーン、労働慣行と人権、環境、持続可能な製品開発、法規則の適用と遵守を扱った39の原則が含まれます。 

供給業者には、自社のサプライチェーンに対する透明性を高めること、自社の請負業者や販売業者に対しても同原則に従うよう奨励することを求めています。

業界固有の原材料に対して、責任ある調達を行うことが私たちの優先事項です。本社は製品に使用されるすべての原材料のトレーサビリティのために供給業者と業界のパートナーと緊密に連携をとり、長期目標に向けて取り組んでいます。

ゴールド

責任ある宝飾のための協議会の加工・流通過程管理(CoC)認証メンバーであるピアジェは、2015年3月以降、最も倫理的に調達されたゴールドのみを使用しています。これは、反政府勢力などの資金源とならず、責任をもって生産されたゴールドのことです。またピアジェでは供給業者を定期的に監査し、各社が厳しい基準を満たしていることを確認しています。目標は2022年までに供給業者の100%がRJCのCoC認証を取得することです。

ゴールドジュエリーとゴールドウォッチのためのRJC CoC

ダイヤモンド

ダイヤモンドはピアジェのラグジュアリージュエリーとウォッチの中心的存在です。ピアジェでは使用するダイヤモンドの質を保証するために、すべての供給業者に対し、RJCの行動規範(CoP)認証を取得し、KPCS(キンバリープロセス認証制度)を守るよう求めています。KPCSは、ダイヤモンド原石の輸送が反政府組織への資金供与にならず、合法的に取引されたものであることを保証するため、加盟国に広範な要件を課しています。それぞれのダイヤモンドは、天然の正当なダイヤモンドであることを確認するために検査されます。

ダイヤモンドジュエリーとダイヤモンドウォッチのサプライチェーン

カラージェムストーン 

責任ある宝飾のための協議会(RJC)で積極的に活動するピアジェは、複数のステークホルダーが関与するこの取り組みの対象にカラージェムストーンを含めるべく働きかけ、これが2019年のCoP審査で認められました。

保護種の取引と動物福祉

ピアジェは国際的な法規および各地の法規と歩調を合わせ、世界中で生物多様性と動物福祉の保護を支援しています。供給業者に対しては、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(CITES)などの国際法と各国の法律を確実に遵守するよう図っています。

アルティプラノ メテオライト ピンクゴールド製ウォッチ