現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

サプライヤー

ピアジェは人権、労働法、環境を尊重するサプライチェーンを促進します。

企業倫理

ピアジェは倫理的で責任ある事業実践を促進する上で先駆的な役割を果たしてきました。2006年、ピアジェは早くも責任ある宝飾のための協議会(RJC)に加盟し、2011年には認証を獲得、以降3年ごとに認証を更新しています。

RJCの認証メンバーであるピアジェは、ゴールド、ダイヤモンド、プラチナを購入・販売するにあたり、(商業、社会、環境、倫理の各側面で)適正な実践に倣っています。

*責任ある宝飾のための協議会(RJC)は基準の設定と認証を行う非営利団体で、世界中で900を超えるメンバーが加盟しています。その使命は、「ダイヤモンド、ゴールド、プラチナを含む貴金属と宝石のサプライチェーンにおいて、採鉱から小売まで責任ある事業実践に取り組むこと」です。

ジュエリーブランドは持続可能性を支援します

サプライチェーンの持続可能性を保証する

サプライチェーンの質を保証するため、ピアジェはサプライヤーに以下のいずれかを求めています。

-RJCの行動規範(CoP)または加工・流通過程管理(CoC)の認証メンバーであること。

-リシュモンの供給会社行動規範に署名して確約すること。リシュモンの行動規範には、一般要件、責任あるサプライチェーン、労働慣行と人権、環境、持続可能な製品開発、適用と遵守をカバーする39の原則が含まれます。供給会社は各社の請負業者や販売業者に対し、こうした原則をその事業方針と実践に組み込むよう通知し推奨することを求められます。ピアジェは供給会社を定期的に監査し、各社が署名した行動規範を遵守していることを確認します。

ピアジェは絶滅の危機に瀕している種を保護するため、CITESを厳守しています。

ゴールド

ピアジェは、できる限りRJCのCoPまたはCoC認証を受けた供給会社からゴールドを購入しています。それ以外の場合はゴールドの供給会社に対し、ピアジェの行動規範に署名するよう求めます。さらに、ピアジェは供給会社を定期的に監査し、各社が署名した規範を遵守していることを確認します。

CoC認証ゴールドには3つの可能性があります。RJC認証またはフェアマインド認証を受けた金鉱からのゴールド、リサイクルゴールド(ゴールド廃棄物をリサイクルしたゴールド)、「グランドファーザー」ゴールド(2012年1月1日以前に存在したことが証明されているゴールド)です。

RJCの加工・流通過程管理(CoC)基準は、ゴールドの責任ある調達を保証します。つまり、サプライチェーンの各段階で反政府勢力への資金供与にならず、責任をもって生産されているということです。

ゴールドジュエリーとゴールドウォッチのためのRJC CoC

ダイヤモンド

ピアジェはダイヤモンドのサプライチェーンに細心の注意を払い、RJC認証を受けた供給会社から購入しています。さらにピアジェがダイヤモンドを購入する際は、キンバリープロセス認証制度の認証をチェックします。

キンバリープロセス認証制度(KPCS)は、ダイヤモンド原石の輸送が反政府組織への資金供与にならないことを保証し、紛争ダイヤモンドが合法的な取引に入り込まないようにするため、加盟国に対し広範な要件を課しています。

ダイヤモンドジュエリーとダイヤモンドウォッチのサプライチェーン